BLOG SECTION

戦争社会学研究会 第3回研究大会プログラム

READ MORE

>>PDFファイルでもご覧になれます。第3回大会プログラム

2012年3月10日(土)

■研究報告1(12:30-14:00)
報告:亘 明志(長崎ウエスレヤン大学)
テーマ:「戦時朝鮮人強制動員と統治合理性」
要旨:
 戦時強制労働に関心を持つ人たちの間では、しばしば「炭鉱では食べ物も十分与えず、過酷な労働を強要し、徴用された鉱夫が死んでも葬式もせず、死体を山野に埋めた」ということが当然の前提のように語られてきた面がある。ところが、北海道で収集された炭鉱・鉱山企業の資料からは、一定の食糧の確保や死者の葬儀、遺骨の遺族への返還に努めていた面もうかがわれる。また、福岡県の炭鉱で死亡した朝鮮人労働者の遺骨の多くが、企業によって遺族のもとに届けられていることも確認されつつある。これらの事実を踏まえると、植民地動員は天皇制イデオロギーの貫徹や強権的な国家権力の行使とだけ捉えるのは妥当ではなく、「統治合理性(フーコー)」という観点からの捉えなおしが必要なのではないか。
また、日本の近代化過程の中に戦時植民地動員を位置づけるためには、戦争遂行としての強制動員の実態解明とともに、それがいかなる動員計画のもとに実施されたかを検討し、計画と実態の齟齬を解明する必要がある。1)「(植民地動員を含む)国家総動員計画」はどのようにして策定されたか、2)「総動員体制」下での動員組織(機構)の形成とその整備・運営はどのようになされたか、3)動員法の体系化とその施行を通して動員はどのようになされたか。これらの点について「統治合理性」の観点からの分析・解明を試みたい。
(さらに…)

戦争社会学研究会 第2回研究大会 プログラム

READ MORE

戦争社会学研究会 第2回研究大会プログラム

このプログラムはキャンパスマップなどを含めたPDF版でダウンロードできます。 (さらに…)

第2回研究大会開催のお知らせ

READ MORE

戦争社会学研究会第2回研究大会が、来る3月12日(土)、13日(日)に、立命館大学にて開催されます。
詳細が決まりましたので、ご報告させていただきます。
皆様のふるってのご参加をお願い申し上げます。 (さらに…)

第1回研究大会概要(2日目)

READ MORE

2日目の第一報告(李榮眞「朝鮮人特攻隊員という問い」)では、朝鮮人特攻隊員に関する書物やその慰霊をめぐる動きを検証しながら、彼らが「記憶」あるいは「忘却」されることの背後にあるさまざまな社会的力学、および、そこにおける日本と韓国の相違について、議論された。
続く第二報告(山本昭宏「戦後日本における自然科学者の核エネルギー認識」)では、科学専門誌『自然』における「核」言説の変容を跡付けながら、GHQによる占領や第五福竜丸事件、平和運動の影響がそこにどう関わっていたのか、戦時期日本の原爆開発(ニ号研究、F号研究)や被爆体験がいかに想起あるいは忘却されたのかといった点について、考察がなされた。 (さらに…)

第1回研究大会概要(1日目)

READ MORE

第一報告の坪田報告では、ある戦後補償訴訟の現場で、「和解」を取り持とうとした「良心的な日本人」がなしてしまう無防備な「加害性」について論じられた。具体的には、和解条項における「但し書き」の付与について、原告側日本人弁護団が原告に対して持ってしまった権力性についての検討である。興味深かったのは、表明された状況認識においては、原告と被告とはむしろ一致していたのにもかかわらず(つまりお互いにとって争点は明確であったのに)、弁護団のそれは一致しなかったということである。本報告は、「和解」の自己目的化がはまりこんでしまう陥穽を浮かび上がらせてくれた。
第二報告の粟津報告は、沖縄における遺骨収集の試みの現在を、モノとしての遺骨が張りめぐらす集合的記憶の孕む静かな(?)緊張において読み解こうとする試みであった。遺骨収集に関して、厚生省による「概了」表明後も続けられている市民主体の作業は、大文字の政治では回収することのできない、日常に根ざした善意による「(敵味方のない)人間的な」水準において行われている。モノとしての骨が作動させてしまう独特の水準だと思われるが、報告では、それを構成している様々な語りを、印象的な映像を交えながら浮かび上がらせてくれた。 (さらに…)

戦争社会学研究会第1回研究大会のお知らせ

READ MORE

戦争社会学研究会の第一回研究大会が以下の要領にて開催されます。
参加をご希望の方は事務局までお知らせください。
運営委員宛メールフォームはこちら。
(さらに…)

戦争社会学研究会の設立の呼びかけ

READ MORE

 アジア・太平洋戦争(こう呼ばせていただきます)が終わって64年、戦争体験の風化が言われながら、他方でそれが記憶の中で甦り、継承され、また新たに構築されています。戦争に対してどのような態度をとるかは、日本国民のホットなトピックであるだけではなく、日本社会学においても、すでに少なからぬ方々が、戦争体験(戦争に関わる人間的事象)について、研究を蓄積されています。戦争体験は、事実(事実とは何かを含めて)に関わる諸問題を提起しているのみならず、「歴史・社会・人間」の研究に重くかつ深い諸問題を提起し、社会学を学ぶ者にそれらへの応答を迫っています。社会学徒は、戦争に対する責任に、歴史的理性と学術的研究をもってどのように応答すればいいのか。戦争と人間を研究する先輩たちの胸には、このような想いが去来したのではないでしょうか。 
 このような認識にたって、私たちはここに、戦争と人間の社会学的研究に関心を寄せる方々に戦争社会学研究会の設立を呼びかけたいと思います。私たちは、戦争と人間の社会学的研究に携わる全国の方々が一堂に会して議論を闘わせ、交流する場がないことを残念に思っています。そのような場(学会さえ)はどうしても必要だと思っています。しかも、私たちが研究会の設立を呼びかける理由は、それだけではありません。
(さらに…)

戦争社会学研究会発会の祝辞に代えて(森岡清美先生 御講演)

READ MORE
2009年5月16日(土) 於: 明治大学研究棟 第3会議室

戦争社会学研究会発会の祝辞に代えて

 森岡清美

 戦争社会学研究会の発会、まことにおめでとうございます。青木秀男さんの執念ともいうべき熱意がこうした形で稔ったことを、ご参会の皆さんとともに慶びたいと存じます。
さきほど発会記念講演とも受けとれるご紹介をいただきましたが、それだけのキャパシテイをもちあわせていませんので、祝辞がわりのご挨拶でお許しいただきたいと存じます。
私がこういう晴れがましい役割を仰せつかったのは、本日ご参会の方々のなかでは断トツの高齢者であって、皆さんの研究対象にもなる世代に属するからだろうと推測いたします。いわゆる戦中派です。

(さらに…)