Author Archive: 事務局

『戦争社会学研究』第1巻の購入方法に関するお知らせ

READ MORE

『戦争社会学研究』第1巻の購入方法に関するお知らせ

以前より、度々ご質問を頂いておりました『戦争社会学研究1 ポスト「戦後70年」と戦争社会学の新展開』の購入方法についてお知らせいたします。

現在、出版時の会社と注文可能な会社が変わっております。このため、紙媒体の書籍をご用命の場合は、下記のリンクより出版社へ直接ご注文頂く必要があります。
(画像をクリックすると現在購入可能な出版社のHPへ移動します。)

『戦争社会学研究』第1巻の内容は、以下のようになっております。

定価:本体2200円+税
2017年4月刊行

内容紹介
戦争や軍事は、人文社会科学にとって、私たち「人間」が群れを作り、他者と関わりながら自由と平等、秩序や安全を折りあわせる場である「社会」の存立そのものに関わる根本的な領域である。あまりに重要すぎて、すべてに透徹する真理、すべての人を納得させる原理・原則はないと考えた方がよい。私たちが自由な社会にいる以上、様々な立場があって当然な対象領域である。
それゆえ、ここで求められているのは、巨大な社会問題としての戦争と軍事を、市民が討議するための題材の提供や論点の整理であり、討議をより活発にし有意義にするための創発となることである。

目 次
創刊の言葉/野上元

〈特集1 ポスト「戦後70年」と戦争社会学の新展開〉
特集企画にあたって―ポスト「戦後70年」と戦争社会学の新展開/福間良明
「戦争社会学」が開く扉/野上元
感謝の発露と美化批判―ポスト戦後七〇年の対立軸/井上義和
「特攻による活入れ」という衝撃―「記憶の継承から遺志の継承へ」モデルの批判的検討/蘭信三
シズメとフルイのアップデート/西村明

〈特集2 「空襲の記憶」の境界―時間・空間・学問を越境して〉
企画の趣旨、そしてそれをさらに「越える」ために/柳原伸洋
「防空」という視座―「防空」と「空襲」/「空爆」のあいだ/長志珠絵
ダーウィン空襲の記憶―「オーストラリア国防の最前線」を語り継ぐ/鎌田真弓
軍事化に抗する「戦争の記憶」―ドレスデン「〈一九四五年二月一三日〉協会」の歩み/木戸衛一
社会学はいかに空襲を記述できるのか?/木村豊
空襲の記憶とポスト戦後/西村明

〈投稿論文〉
一九五〇年代末―七〇年代初頭のSF ショート・ショート作品における核エネルギー表象/森下達

編集後記/西村明

2022年度、戦争社会学研究会の例会「修論博論研究報告会」(10月15日(土)@神戸学院大学)の自由報告募集のお知らせ

READ MORE

2022年度、戦争社会学研究会の例会「修論博論研究報告会」(10月15日(土)@神戸学院大学)の自由報告募集のお知らせ

新型コロナウイルス感染症の蔓延によって、オンラインでの研究大会や例会の開催が広がった一方で、大学院生などの新進の研究者と中堅・ベテラン研究者の交流の機会が激減しました。そこで本会は、さまざまな形での研究交流の機会を確保するため、院生・ポスドクの報告とそれに対するコメントを中心とした例会を企画し、報告者を募集することとしました。対面とオンラインのどちらでも報告が可能です。ふるってご応募ください。院生を指導している先生方は、指導院生にもお声がけください。

・日時:2022年10月15日(土)の午前~午後を予定(人数次第では午後のみ)

・会場:神戸学院大学ポートアイランドキャンパス ただしオンラインでの参加も可。

・報告時間:一報告につき55分(報告30分、コメント10分、質疑応答15分)

・報告内容:執筆中の修士論文や博士論文に関する内容、および博士論文執筆後の単著化の計画(とくに完成度は問いませんが、事前に企画委員から報告内容について問い合わせる場合があります)。

・コメンテーター制:各報告にコメンテーターを置きます。報告希望者はコメンテーターを指名することができますので、応募用紙にご記入ください。企画委員会から指名された方へ依頼をします。ご希望に添えないこともありますので、あらかじめご了承ください。

・報告者の条件:会員にかぎる(応募時点で非会員の場合は報告前日までに会員になってください)

・応募方法:別添の応募用紙に記入し、ssw.plac@gmail.comに2022年8月31日までに送ってください。
応募用紙「2022年度修論・博論研究報告会エントリーシート」

・報告募集人数:4~5人

※報告希望者多数の場合には企画委員会にて、対面・オンラインのバランスなどを勘案して選考させていただきます。その場合には、別日程での第2回の報告会の開催も検討いたします。

・なお、参加費は、会員は無料。非会員は学生・院生が500円、それ以外の非会員の方は1000円を予定しています。また、対面参加の方は、工夫したうえでなるべく懇親の機会を設けたいと考えております(もちろん自由参加です)。

多数のご応募をお待ちしております。

『戦争社会学研究』第7巻 投稿論文募集のお知らせ

READ MORE

『戦争社会学研究』第7巻 投稿論文募集のお知らせ

会員の皆さまより2023年5月刊行予定の『戦争社会学研究』第7巻への投稿論文(査読付き)を募集いたします。

投稿期間は2022年9月1日(木)~2022年10月1日(土)必着となります。
※締め切りが昨年度より2週間前倒しとなっておりますのでご注意ください。

戦争社会学研究編集委員会(ssw.editors*gmail.com[*を@に代えてください])までメール添付にて送付してください。
投稿締切後1週間以内に受付確認メールを返信します。なお郵送は一切受け付けません。

詳細は、戦争社会学研究会HP上の「会誌 『戦争社会学研究』」並びに、以下のリンクをご参照ください。

募集要項『戦争社会学研究』第7巻

投稿規程『戦争社会学研究』

執筆要領『戦争社会学研究』

多数のご応募を心よりお待ちしております。

お問い合わせ先:
戦争社会学研究編集委員会 ssw.editors*gmail.com(*を@に代えてください。)

第13回戦争社会学研究会大会プログラム

READ MORE

2022年度 第13回戦争社会学研究会大会プログラム

*ポスターのPDFファイルはこちらです 2022年度戦争社会学研究会大会 オンライン ポスター

4/23(土)10:30-18:30

■個人報告(10:30-11:55)
・司会:四條知恵(広島市立大学)
開会・注意事項(10:30-10:35)

・個人報告1(10:35-11:15)
渡壁晃(関西学院大学大学院)「広島における「先輩」慰霊の形成と展開――原爆関連慰霊行事の通時的分析」
・個人報告2(11:15-11:55)
渡邊勉(関西学院大学)「戦災と社会階層」

■シリーズ「戦争と社会」刊行記念シンポジウム(13:30-17:40)
「「戦争と社会」という問い」をめぐって」

・評者
サビーネ・フリューシュトゥック(カリフォルニア大学サンタバーバラ校):柳原伸洋「戦争と文化―戦後ドイツの子供文化に日本を照らして」の評者
稲葉奈々子(上智大学):大野光明「反暴力の現在―ポスト冷戦・「新しい戦争」・ネオリベラリズムのなかの日本の反戦・平和運動」の評者
成田龍一(日本女子大学名誉教授):序文及び野上元・佐藤文香「総説 「戦争と社会」、「軍事と社会」をめぐる問い」の評者
・著者
柳原伸洋(東京女子大学)
大野光明(滋賀県立大学)
野上元(筑波大学)
・司会
山本昭宏(神戸市外国語大学)

・趣意
2021年12月に岩波書店から刊行が開始されたシリーズ「戦争と社会」(全5巻)の出版を記念して、合評会形式のシンポジウムを開催します。
従来の戦争のあり方が大きく変容しつつある今日において、戦時/平時を問わず、戦争や軍事は社会に遍在する状況にあるといえます。一方で、ロシアのウクライナ侵攻により、第二次世界大戦後の国際秩序が揺らぎをみせ、現実の戦争に対して国際社会が対応を迫られています。こうした状況において、私たちは「戦争と社会」をめぐる諸問題にどのように向き合い、学術的・理論的視座を提示することができるでしょうか。
このシンポジウムでは、シリーズ全体にかかわる問いや枠組みをテーマとした第1巻『「戦争と社会」という問い』のなかからいくつかの論考を取り上げ、評者と執筆者の討論を通じて、幅広い観点から「戦争と社会」をめぐる諸問題について議論します。

<タイムテーブル>
13:30 開会
13:40 評者:サビーネ・フリューシュトゥック × 著者:柳原伸洋
14:40 評者:稲葉奈々子 × 著者:大野光明
15:40 評者:成田龍一 × 著者:野上元
16:40 全体討論
17:40 閉会

■総会(18:00-18:30)

 

4/24(日)10:30-17:00

■個人報告(10:30-11:55)
・司会:松田ヒロ子(神戸学院大学)
開会・注意事項(10:30-10:35)

・個人報告3(10:35-11:15)
児玉谷レミ(一橋大学大学院)「自衛官たちの目に映る「一般社会」を考察する―ポストモダン・ミリタリーとしての自衛隊という視点から」
・個人報告4(11:15-11:55)
銭俊華(東京大学大学院)「英領香港の「重光記念日」に関する歴史社会学的考察――「日本」に着目して」

■テーマセッション(13:30-17:00)
「軍事と環境」
(共催:日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究(B)「軍事化が島嶼に及ぼす影響の比較研究――琉球弧、グアム、マーシャル諸島」研究課題/領域番号:20H01573 研究代表者:朝井志歩)

・報告者
朝井志歩(愛媛大学)「馬毛島での米軍のFCLP施設建設計画の経緯と問題点(仮)」
森啓輔(専修大学)「沖縄における有機フッ素化合物汚染をめぐる法・政治行政過程・社会運動の現在」
竹峰誠一郎(明星大学)「「われらみなヒバクシャ」なのか――核と環境問題を結んで」
・討論者
池上大祐(琉球大学)
長島怜央(東京成徳大学)
・司会
浜井和史(帝京大学)

・趣意
地球環境問題に対するグローバルな関心がますますの高まりをみせるなかで、戦争が大規模な環境破壊を招き、基地や軍隊の存在が環境汚染の要因となっていることは、従来から指摘されているところです。戦後長らく平和を享受してきた日本においても、沖縄を中心に多くの軍事基地を抱えており、基地の建設・運用などに伴う自然環境の破壊や人々の生活環境への深刻な影響、またヒロシマ・ナガサキの被爆やフクシマの原発事故など核による放射能汚染といった様々な軍事被害は、戦後の日本社会と切り離すことができない問題であるといえます。
こうした社会に遍在する軍事が環境や地域社会にもたらす諸問題について、私たちはどのような視点で捉えることができるのか。このセッションでは、「軍事と環境」をめぐる研究の最前線を紹介し、このテーマが抱える課題と今後の展望について議論します。

<タイムテーブル>
13:30 開会
13:40 朝井志歩報告
14:05 森啓輔報告
14:30 竹峰誠一郎報告
休憩
15:10 池上大祐コメント
15:30 長島怜央コメント
15:50 全体討論
17:00 閉会

 

◆参加費
参加費は下記の通りです。参加申込・入金を頂いた方へZoomの情報等をお送りいたします。
今回は3月31日までの早割(※2021年度会費納入が条件)を実施します。
会費をまだ納めていない場合は、この機会にぜひ参加費とセットでお支払いください。
年会費は2021年度分です。ここでは2022年度の会費の支払いは受け付けておりません。
(※非会員で入会を希望される場合は、研究会HPをご参照のうえ入会申込をまず行ってください)

・参加費の支払い方法
参加を希望される方は、以下の「参加申込ページ」から申込・入金をお願いいたします。
【申込〆切】2022年4月20日(水)23:59(※早割は3月31日(木)23:59まで)
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/027tqnagei821.html
※重複でのお申し込みのないよう、お気をつけください。

・領収書を希望される方
希望者はチケット購入の際に「領収書を希望する」にチェックを入れてください。
後日、宛名が無記名の領収書を発行・送付いたします。領収書の発行日は4月23日に統一します。
「但書き」や領収書の発行日については、個別に対応も可能です。
ご不明な点がありましたら事務局までお問い合わせください。

第13回戦争社会学研究会大会 個人報告者募集

READ MORE

第13回戦争社会学研究会大会は、2022年4月23日(土)・24日(日)に開催を予定しております。
なお新型コロナウイルス感染拡大の収束が見通せないことから、残念ではございますが今回もオンライン(Zoom)での開催とさせていただきます。

個人報告を希望される方は、2月20日(日)までに事務局( ssw.adm@gmail.com )宛に、①お名前、②報告予定タイトル、③報告要旨(400字程度)をお知らせください。

エントリーに際しましては、会員であること、今年度(2021年度)の会費を納めていることを条件とします。
新規入会者につきましては、年会費を振り込みのうえ、入会申込書もメール添付でご提出ください。
入会申込書は本HPの「-MENU-」→「入会案内」からダウンロード可能です。

報告者の決定にあたっては、運営委員会で選考させていただくこともございます。
その場合、報告の内容を問い合わせさせていただくこともございますので予めご了承下さい。

また、個人報告の日程につきましては、報告者を決定した後に詳しいタイムテーブルを決定いたしますので、何日目になるかは現時点では未定となっております。

多数のご応募をお待ちしております。