研究大会

戦争社会学研究会 第2回研究大会 プログラム

READ MORE

戦争社会学研究会 第2回研究大会プログラム

このプログラムはキャンパスマップなどを含めたPDF版でダウンロードできます。 (さらに…) «戦争社会学研究会 第2回研究大会 プログラム»” class=”more-link”>【続きを読む】 «戦争社会学研究会 第2回研究大会 プログラム»

第2回研究大会開催のお知らせ

READ MORE

戦争社会学研究会第2回研究大会が、来る3月12日(土)、13日(日)に、立命館大学にて開催されます。
詳細が決まりましたので、ご報告させていただきます。
皆様のふるってのご参加をお願い申し上げます。 (さらに…) «第2回研究大会開催のお知らせ»” class=”more-link”>【続きを読む】 «第2回研究大会開催のお知らせ»

第1回研究大会概要(2日目)

READ MORE

2日目の第一報告(李榮眞「朝鮮人特攻隊員という問い」)では、朝鮮人特攻隊員に関する書物やその慰霊をめぐる動きを検証しながら、彼らが「記憶」あるいは「忘却」されることの背後にあるさまざまな社会的力学、および、そこにおける日本と韓国の相違について、議論された。
続く第二報告(山本昭宏「戦後日本における自然科学者の核エネルギー認識」)では、科学専門誌『自然』における「核」言説の変容を跡付けながら、GHQによる占領や第五福竜丸事件、平和運動の影響がそこにどう関わっていたのか、戦時期日本の原爆開発(ニ号研究、F号研究)や被爆体験がいかに想起あるいは忘却されたのかといった点について、考察がなされた。 (さらに…) «第1回研究大会概要(2日目)»” class=”more-link”>【続きを読む】 «第1回研究大会概要(2日目)»