関東例会

戦争社会学研究会・関東例会「慰霊するモノと人びと――海外戦没者をめぐる記憶のエージェンシー」

READ MORE

戦争社会学研究会・関東例会
共催:「宗教と社会」学会「戦争死者慰霊の関与と継承」研究プロジェクト、科研費基盤研究B「連合国のアジア戦後処理に関する宗教学的研究―海外アーカイヴ調査による再検討」(研究代表者:創価大学中野毅)

「慰霊するモノと人びと――海外戦没者をめぐる記憶のエージェンシー」
本シンポジウムの主題は、従来の戦死者慰霊の研究の中では十分論じられることがなかった、戦後の海外戦没地における慰霊や遺骨収集等、海外戦没者をめぐる記憶の為された方、作られ方である。その際、誰が記憶し、慰霊を成り立たせているのかということを照射するために、第三者のチカラを見据えた議論を行う。この場合の第三者とは、戦没者と直接の関係を有する遺族や戦友以外のさまざまな立場から関わる人びとや、慰霊碑や仏像等のモノを指している。文献調査と現場調査による成果の両面から、海外戦没者をめぐる状況の立体的理解を目指したい。

日時:2014年11月1日(土)13:00開場、13:30~17:40
場所:東京大学本郷キャンパス法文1号館1階113教室
アクセスマップ・会場案内
日程:
13:00 開場
13:30~13:40 開会挨拶(中野毅:科研研究代表者・創価大学文学部教授)
13:40~13:55 趣旨説明・登壇者紹介(西村明・東京大学大学院人文社会系研究科准教授)
13:55~14:30 浜井和史(帝京大学総合教育センター専任講師)
「可視化された海外戦没者―遺骨収集団の派遣再開をめぐって―(仮)」
14:30~14:40 休憩(10分)
14:40~15:15 君島彩子(総合研究大学院大学日本歴史研究専攻博士後期課程)
「戦没者慰霊と観音菩薩像―山崎良順の事例を中心に―」
15:15~15:50 中山郁(國學院大學教育開発推進センター准教授)
「死者と生者を結びつける人々―パプアニューギニアにおける戦地慰霊と旅行業者―(仮)」
15:50~16:05 休憩(15分)
16:05~16:25 ディスカッサントからのコメント(粟津賢太:南山宗教文化研究所研究員)
16:25~17:30 コメントへの応答とフロア・ディスカッション
17:30~17:40 閉会挨拶(野上元:戦争社会学研究会代表・筑波大学大学院人文社会科学研究科准教授)

なお、18:30より会場近くで懇親会を設けます。ご参加希望の方は、当日会場にて受付をします。

問い合わせ先:西村明(東京大学文学部宗教学宗教史学研究室、aquillax<アットマーク>gmail.com)
※<アットマーク>の部分を半角英数の@へ代えて送信してください。

>>チラシのダウンロード

戦争社会学研究会・関東例会

READ MORE

戦争社会学研究会・関東例会
日時:2013年7月7日(日)14:00-
場所:慶應義塾大学三田キャンパス・大学院棟1階313教室   戦争社会学と<調査>
報告者:木村豊(慶應義塾大学大学院)・深谷直弘(法政大学大学院)
司会:塚田修一(東京都市大学非常勤講師)
討論者:好井裕明(日本大学)、柳原伸洋(東海大学)

 戦争を社会学的に研究する際のアプローチの多様さとその可能性の豊かさに関しては、『戦争社会学ブックガイド』(創元社・2012)およびこれまでの大会においても模索・議論されてきた。
 それらをゆるやかに踏襲しつつ、本例会においては、戦争社会学と<調査>を再考したい。とは言っても、調査の方法論や精緻さをあれこれ議論するのではなく、もっとパフォーマティヴに<調査>について考え、戦争社会学の可能性を引き出してみたいと考えている。
 今回は、先頃上梓された『被爆者調査を読む』(慶應義塾大学出版会・2013)に寄稿していらっしゃる木村豊氏と深谷直弘氏をお招きする。木村氏は東京大空襲を、深谷氏は長崎をフィールドに、主にインタビュー調査によるお仕事を積み重ねてこられた。だが、同書の中で、お二人はそれらとは質の異なる調査資料に出会われ、また異なる調査記述をなさっている。そこでは、いかなる可能性(あるいは不可能性)を感じられたのか、語っていただく。
 討論者として、日本の社会学における質的調査をリードしてこられた好井裕明氏と、実証的な歴史学からサブカルチャーに至るまで幅広い領域で研究をなさっている柳原伸洋氏をお迎えする。