関東例会

image_pdfimage_print

2016年度関東例会 Keith L. Camacho基調講演&『戦禍を記念するーグアム・サイパンの歴史と記憶』合評会

READ MORE

戦争社会学研究会2016年度関東例会

ポスターはこちら⇒ 2016関東例会

第1部 基調講演(英語)
Keith L. Camacho (Department of Asian American Studies, UCLA)
The State of “War Memory”: Reflecting on Conflicts and Coalitions in the Pacific Islands

第2部 合評会(英語・日本語)
キース・L・カマチョ『戦禍を記念する-グアム・サイパンの歴史と記臆』(岩波書店、9月25日刊)
評者
長島怜央(法政大学)
石原 俊(明治学院大学)

日時
2016年10月22日(土)
開場13:30・開始14:00・終了17:40 (予定)
会場
東京大学本郷キャンパス
・法文1号館113号室

【講演要旨】
The State of “War Memory”: Reflecting on Conflicts and Coalitions in the Pacific Islands

What is the state of “war memory” in the Pacific Islands? In this talk, I discuss the significance of World War II and its aftermath in the Mariana Islands and the wider Pacific region. My goal is to examine how conflicts and coalitions produce both the means and the methods by which scholars have come to analyze the war, its complex and varied histories, and its enduring and equally contentious political and social memories. Along these lines, I reflect upon my role as a native scholar-activist caught in-between colonial wars and occupation, on the one hand, and indigenous and feminist movements for justice, on the other. From this vantage point, we can begin to understand and appreciate the state of war memory for Indigenous peoples in the Pacific Islands and for war memory studies more generally.

【講師紹介】
キース・L・カマチョ(UCLA アジア系アメリカ人研究科准教授)
2005年ハワイ大学マノア校にてPh.D.(歴史学)。『戦禍を記念する』の原著であるCultures of Commemoration: The Politics of War, Memory and History in the Mariana Islands (Honolulu: University of Hawai‘i Press, 2011)により、第28回大平正芳記念賞と北マリアナ諸島自治連邦区知事人文賞を受賞。
編著に、“Gender and Sexual Politics of Pacific Island Militarisation: A Call for Critical Militarisation Studies” with guest editors Victor Bascara and Elizabeth DeLoughrey, a special issue of Intersections: Gender and Sexuality in Asia and the Pacific 37, 2015.
“Transoceanic Flows: Pacific Islander Interventions across the American Empire,” guest editor, a special issue of Amerasia Journal 37:3, 2011.
Militarized Currents: Toward a Decolonized Future in Asia and the Pacific, with co-editor Setsu Shigematsu (Minneapolis: University of Minnesota Press), 2000.
論文に、“Filipinos, Pacific Islanders, and the American Empire,” in The Oxford Handbook of Asian American History, ed. David K. Yoo and Eiichiro Azuma (Oxford: Oxford University Press), 13-29, 2016; “Homomilitarism: The Same-Sex Erotics of the US Empire in Guam and Hawai‘i,” Radical History Review, Issue 123, 144-175, 2015など多数。
Critical Ethnic Studies, Amerasia Journal, Journal of American Studies: Eurasian Perspectives, American Quarterly等の編集委員を歴任。

【タイムテーブル】
2:00-2:05pm 開会(西村明)
第1部
2:05-2:50pm 基調講演 (キース・カマチョ)
2:50-3:05pm 質疑応答
3:05-3:20pm 休憩
第2部(司会・西村)
3:20-3:50pm 長島コメント
3:50-4:20pm 石原コメント
4:20-5:30pm 著者からの応答とフロアからの質疑応答
5:30-5:40pm 閉会(野上元)

6:30pm- 懇親会

戦争社会学研究会・関東例会「戦争と占領、軍事基地がもたらす「島」社会への政治・社会的影響」

READ MORE
戦争社会学研究会・関東例会
  開催日時:8月28日15時〜18時ごろ
  開催場所:法政大学新見附校舎A305教室(市ヶ谷キャンパス)
http://www.hosei.ac.jp/gaiyo/campus/ichigaya/ichigaya.html
*事前申込不要・参加無料

例会テーマ:戦争と占領、軍事基地がもたらす「島」社会への政治・社会的影響
  報告者:長島怜央(法政大学兼任講師)
  討論者:石原俊(明治学院大学)
  司会:深谷直弘(専修大学非常勤講師)

例会趣旨:
 <戦争>という現象が、どのように社会に影響を与えてきたのか。これに即して戦争社会学研究会では、社会に普及した戦争記憶の表象や(軍事)基地の文化といった文化現象を多く取り上げてきた。しかし近年の沖縄の辺野古基地移設問題といった<戦争>(軍事化)と地域社会の現実の政治問題との関係については、積極的に触れられてこなかったように思える。
 そこで、今回の関東例会では、<戦争>がもたらす「島」社会への政治的・社会的影響について議論することとしたい。今回は、議論の対象としてグアム社会を取り上げることにした。グアムは、日本の淡路島と同じ大きさで、局所的に林立する観光施設と巨大な米軍施設のある島である。そして、かつて(1941年12月〜1944年8月)は大宮島という日本の領土でもあった。
 グアム社会には、日本軍占領の影響と米軍再占領・米軍事基地設置の影響が、社会のなかで複合的かつ重層的に絡み合っている。グアム社会において、戦争や軍(合法的暴力組織)が、地域社会の仕組みや住民の社会意識の中にどのような形で影響しているのか。今回はこうした部分に着目し、グアムをフィールドにして調査研究を続けてこられ、今年3月に単著『アメリカとグアム: 植民地主義、レイシズム、先住民』を上梓した長島怜央さんに報告をお願いした。
 また、この報告を通じて、これまで戦争社会学が論じてきたテーマでもある、戦争記憶や基地文化、慰霊などとの議論の接続も試みたい。

戦争社会学研究会・関東例会「慰霊するモノと人びと――海外戦没者をめぐる記憶のエージェンシー」

READ MORE

共催:「戦争死者慰霊の関与と継承」研究プロジェクト第7回研究会、科研費基盤研究B「連合国のアジア戦後処理に関する宗教学的研究――海外アーカイヴ調査による再検討」(研究代表者:創価大学中野毅)

日時:2014年11月1日(土)13:00開場、13:30~17:40
場所:東京大学本郷キャンパス法文1号館1階113教室

p1060615_3今回は、戦争社会学研究会・関東例会及び中野毅先生の科研プロジェクトとの共催で行われ、あいにくの雨天にもかかわらず様々な分野から35名ほどの参加者が足を運び、盛会となった。まず、中野先生より開会の挨拶が行われた。

○趣旨説明(西村明・東京大学大学院人文社会系研究科准教授)
まずは、西村氏が、海外戦没者をめぐる慰霊の担い手としての「第三者」(遺族や戦友などの戦没者と直接の関係を有する者以外の人々や慰霊碑・仏像などのモノ)に着目する視座を提起し、自身のフィールドワークにおける事例の紹介や、社会学等の先行研究における位置づけを行った。

 

 

 

p1060622_2(1)「可視化された海外戦没者――遺骨収集団の派遣再開をめぐって」
(浜井和史・帝京大学総合教育センター専任講師)
今春『海外戦没者慰霊の戦後史』を出版した浜井氏は、「1950年代で「概了」とされた政府の遺骨収集の取組みが1960年代にどのように再開されたのか」という問いに対し、外交史の分野から諸史料を検討し、海外渡航の自由化を契機とする「体験としての海外戦没者の可視化」が大きな役割を果たしたという指摘を行った。また、靖国国家護持法案を巡って対立していた自民党と社会党が遺骨収集の推進に関しては共通の関心をもっていた等の興味深い事実が報告された。最後に、今後の研究課題として、遺骨収集事業の「区切り/再開」をそれぞれ求める政府や遺族等のメンタリティに対して宗教学・民俗学・社会学などからアプローチする可能性や、日本側史料だけではなく現地政府・住民の視点を取り入れた多元的検討の必要性に言及した。

 

 

p1060642(2)「戦没者慰霊と観音菩薩像――山崎良順の事例を中心に」
(君島彩子・総合研究大学院大学日本歴史研究専攻博士後期課程)
芸術学をバックグラウンドとする君島氏は、戦没者慰霊のために発願された観音像という対象に着目した研究を試みている。今回は、僧侶でありながら殺生に関わる従軍を経験し、戦後は戦没者慰霊と平和祈願のために数多くの平和観音像を国内外に贈った山崎良順をとりあげ、その活動や思想を詳細に報告した。この事例研究から、発願者/製作者/宗教者/参拝者という複数の主体が関わり合いのなかで様々な主体の思いや記憶を繋げる平和観音像というモノを研究することが戦没者慰霊に貢献する可能性を示したといえるだろう。

 

 

 

 

p1060649(3) 「死者と生者を結びつける人々――パプアニューギニアにおける戦地慰霊と旅行業者」
(中山郁・國學院大學教育開発推進センター准教授)
修験道などを専門とする宗教学者の中山氏は、近年精力的にフィールドワークを行ってきたパプアニューギニアにおける戦没者慰霊を題材に、旅行業者や添乗員、在留邦人などの戦争と直接関わりを持たない人々が、戦没者慰霊団との共感的関わりや知識学習のなかで傍観者から記憶の継承者(エージェント)へと変化し、生き残りの戦友に代わって慰霊団にとっての「先達」の役割を務めるようになる現象に着目する。そして豊富な事例紹介から、慰霊巡拝は、単に霊を慰めるというだけではなく、戦友や遺族などがネットワークを形成する場としてのネットワーク機能や、継承者を生み出す場としてのリクルート機能を持っていることを明らかにした。

 

 

 

p1060657○ディスカッサントからのコメント
(粟津賢太:南山宗教文化研究所研究員)
以上を踏まえて、宗教社会学者の粟津氏が、全体的なコメントとして、今回の企画をこれまでの戦没者慰霊研究の流れに位置づけ、エージェントの対概念としてのペーシェントpatient概念や集合的記憶概念に言及しつつまとめを行い、各報告者へ個別の質問やコメントを投げかけた。その後、フロアからも次々と質疑がなされた。報告を踏まえて、世代変化、遺骨への執着、トランスナショナルな慰霊の可能性、戦後処理といったトピックをめぐる議論が展開され、鋭くも有益な批判も寄せられた。最後に戦争社会学研究会代表の野上元氏が、多面的な戦争という対象を捉えるために様々な分野を突き合わせて取り組むことの重要性を確認して幕を閉じた。

研究会後に設けた懇親会にも20名を超える参加者があり、様々な出会いや交流、さらなる議論が展開される賑やかな場となった。

(清水亮・東京大学大学院人文社会系研究科社会学研究室M1)