研究大会

image_pdfimage_print

第9回戦争社会学研究会大会 個人報告者募集

READ MORE

第9回戦争社会学社会学研究会大会は、2018年4月14(土)・15日(日)に、
東京大学本郷キャンパス 文学部三番大教室(赤門総合研究棟内)にて開催を予定しております。
つきましては、会員のなかから個人報告者を募集いたします。

報告を希望される方は、2月11日(日)までに
事務局( ssw.adm@gmail.com )宛に、①お名前と②報告予定タイトルをお知らせください。

エントリーに際してましては、会員であること、今年度(2017年度)の会費を納めていることを条件とします。
新規入会者につきましては、年会費を振り込みのうえ、入会申込書もメール添付でご提出ください。
入会申込書は本HPの「-MENU-」→「入会案内」からダウンロード可能です。

報告者の決定にあたっては、運営委員会で選考させていただくこともございます。
その場合、報告の内容を問い合わせさせていただくこともございますので予めご了承下さい。

また、個人報告の日程につきましては、報告者を決定した後に詳しいタイムテーブルを決定いたしますので、何日目になるかは現時点では未定となっております。

多数のご応募をお待ちしております。

2017年度関東例会『「戦争体験」とジェンダー』『「慰安婦」問題の言説空間』合同書評会

READ MORE

2017年度戦争社会学研究会関東例会
『「戦争体験」とジェンダー』『「慰安婦」問題の言説空間』合同書評会

2017関東例会ポスター(PDF)

日時:2017年12月2日(土)14時~
会場:埼玉大学 教養学部棟 31番教室 http://www.saitama-u.ac.jp/koho/guide/map/campusmap.html
交通アクセス: http://www.saitama-u.ac.jp/access/accessmap/

プログラム:
(1)書評1:望戸愛果著『「戦争体験」とジェンダー』(明石書店)、評者:南川文里(立命館大学)
(2)書評2:木下直子著『「慰安婦」問題の言説空間』(勉誠出版)、評者:加島卓(東海大学)
(3)著者によるリプライと評者からの再応答
(4)全体討論
司会:野上 元(筑波大学)

※ 本例会は、日本学術振興会 科学研究費補助金 基盤研究(B)「現代の戦争研究と総力戦研究とを架橋する学際的戦争社会学研究領域の構築」(代表・野上元)との共催です。

 

2017年度関西例会「アニメと〈戦争〉」

READ MORE

戦争社会学研究会2017年度関西例会「アニメと〈戦争〉」

■日時 2017年9月8日(金)
開場:14時30分~
開始:15時~
終了:17時30分(その後、懇親会を予定)

■会場
関西学院大学梅田キャンパス
〒530-0013 大阪市北区茶屋町19-19 アプローズタワー
1005教室(10階)
http://www.kwansei.ac.jp/kg_hub/access/

■登壇者とタイムテーブル
・登壇者
司会進行:山本昭宏(神戸市外国語大学)
報告者1:濱田武士(関西学院大学非常勤講師) 「広島の被爆体験の記憶と距離:『この世界の片隅に』を通して(仮)」
報告者2:足立加勇(立教大学兼任講師) 「『宇宙戦艦ヤマト』から『君の名は。』へ:美少女が象徴する戦うアニメの系譜とその論理(仮)」
討論者1:好井裕明(日本大学)
討論者2:谷本奈穂(関西大学)

・タイムテーブル
15:00-15:10 開会・趣意説明(山本昭宏)
15:10-15:40 報告1(濱田武士)
15:40-16:10 報告2(足立加勇)
休憩(15m)
16:25-16:35 コメント1(好井裕明)
16:35-16:45 コメント2(谷本奈穂)
16:45-17:00 報告者の応答
17:00-17:30 全体討論

なお、本研究会は、日本学術振興会 科学研究費補助金 基盤研究(B)「現代の戦争研究と総力戦研究とを架橋する学際的戦争社会学研究領域の構築」(代表・野上元)との共催です。