寒天

7月 23, 2001 under ダイエット

お金をためて、将来は北海道にでも別荘を買おうと決意。
そのくらいの暑さである。
今月末から出身ゼミの実習で木曽御嶽山へ登る予定。
3000メートル級の山なので結構大変そうだ。
山岳信仰の霊山なので、登山ではなく、登拝(とはい)というらしい。
というわけで、足腰を鍛える必要もあるので、暑さのために最近サボりがちなウォーキングへ行った。
三時半だったが、気温も下がらず、おまけに膝の関節もなんだか痛くなってきたので途中で帰ってきた。
今、両膝の内側に湿布をしている(笑)。
軟骨は、年齢とともに磨り減ってゆき、しかも他の骨とは違って再生はしないらしい。
焼き鳥のなんこつを食ってもダメである。
スポーツ選手、とくに相撲取りの膝など、軟骨がまったくなくなってしまうことも珍しくないという。
軟骨がなくなると、骨と骨同士がぶつかり合うことになるので、当然それは激痛になる。そうすると引退する以外になくなるのである。
昼の、みのもんたのTVでダイエット食についてやっていた。
寒天にトマトジュースを加えて固めたものだ。
トマト味の羊羹みたいなのができる。
さっそく作ってみた。ひじょうに簡単である。
以下にレシピ。
1)寒天(2本)を水でもどす。
2)細かく裂いて、鍋で煮て溶かす。水の分量は適当。
3)トマトジュース(小さいの二缶)を入れる。
4)レモンの絞り汁を隠し味で入れる。
5)型に移して、あら熱をとった後、冷蔵庫で冷やして固める。
寒天などを手にするのは初めての経験だったが、きれいに出来たのでちょっと感動。
寒天の食物繊維が脂肪の排出を助け、トマトのレコピンが脂肪の吸収を妨げる。
レコピンは抗酸化力が高いから活性酸素を抑える働きがある。
ちょっとトマトジュースがの分量が少なかったようで、うす味になってしまったが、さっぱりして夏にはいいカンジである。
お好みで甘味料などを加えてもよいそうだ。
レモンはなかったので、ポッカのレモン濃縮液みたいなのを使った。
レコピンは熱にも崩れず、かえって熱を加えた方がいいらしい。
食前と、夜食代わりに食べるのが有効だという。
他の制限事項は一切なし。
番組上の実験によると、一週間で体脂肪率が2%落ちていた。
毎日のように計っているオレの経験からいって、2%ぐらいの変動は常にあるので、「それは誤差の範囲内でわ?」とも思ったが、まあ、とりあえず一週間やってみよう。
それに寒天6本も買って来てしまったのだからな(笑)。
ちなみに、う○こ前と後では体重も違うことはいふまでもなひ。
今日の歩数   8644歩
今日の体重   62.6kg
今日の体脂肪率 22%
銀蝿の嵐(らん)候補がでていると数日前に書いたが、やはり自由連合だった(笑)。
以下のサイトを参照してくれ。
http://www.jiyuren.or.jp/sangiin/ran.html
その他に、ドクター中松とかもでているあたり、かなりトンデモ度が高い政党である(爆)。