摂取

6月 25, 2003 under ダイエット

♪びーば じゅんなま~
びーば じゅんなま~
つうことで昨日から仕事で生田にいる。
それにしても、毎日、ふと、気がつくとタバコのことを考えていたりする。
タバコを吸っている人のそばを通るときに煙を感じると、深呼吸したくなる(爆)。
そういえば、夕べは、禁煙をはじめて初の飲み会であった。
最初のうちはかなりキツイ。
手持ち無沙汰でもある。
口さびしくもある。
そして何より脳がタバコを欲している。
しかし、酔っ払っい度が進むと、どうでもよくなってきた。
ニコチンは、脳の神経伝達物質を代替してしまうので、喫煙習慣を長い間続けると、本来の伝達物質の分泌機能が衰えてしまう。
ニコチンでまかなってしまうためだ。
だから、頭がシャキっとしなくなったり、呆っとしたり、物忘れをしたりする。
つまり頭の回転が鈍くなるのである。
しかし、急にバカになってしまうと仕事にさしさわりがあるので、ニコレットを使っている。
突然すべてをやめるには24年間吸い続けてきたセブンスターのニコチン摂取量はあまりにも大きいので、とりあえずニコレットで補いながら続けるのである。
ニコレットはニコチンを含んだガムで、頬の粘膜からニコチンを吸収する。
一個に2ミリグラムのニコチンが含まれている。
これをタバコが吸いたくなったときには、素直に使用するのだ。
ニコチンの摂取量を段階的に減らしつつ、喫煙の動作的な習慣をまずはなくすのである。
その後、ニコレットの使用量を徐々に減らすことによって禁煙が成功するという。
そこまでのプロセスを3ヶ月かけて行うのである。
今回の決心は固い(と思われる)ので、たぶん成功する(のではないかと思う)。
つうか、成功させる。
さらにダイエットも成功させて、20代のお嫁さんをもらうのが現在の野望なのでアール(オイオイ)。