解禁

2月 22, 2011 under 日記

ちょっと訳あって、今まで自分に禁じてきたことを解禁した。

その第一弾がこれ(笑)。

[amazon_image id=”4088701259″ target=”_blank” size=”Small” link=”true” locale=”JP” ]ONE PIECE 60 (ジャンプコミックス)[/amazon_image]

[amazon_image id=”4088701755″ target=”_blank” size=”Small” link=”true” locale=”JP” ]ONE PIECE 61 (ジャンプコミックス)[/amazon_image]

さすがに週刊誌連載を追いかけるつもりはないが、かといってアニメ版を悠長に待ってもいられなくなった(笑)。

そして今必要な元気をもらった。

comments: 0 »

今尾恵介『地図で読む戦争の時代」』

2月 19, 2011 under 読書

白水社のサイトで連載中である今尾恵介「地図で読む戦争の時代」が書籍化されるらしい。

[amazon_link id=”4560081182″ target=”_blank” locale=”JP” ]今尾恵介『地図で読む戦争の時代』 [/amazon_link]

comments: 0 »

岩波明『狂気という隣人―精神科医の現場報告』

2月 7, 2011 under 読書

[amazon_image id=”4101305714″ target=”_blank” size=”Medium” link=”true” locale=”JP” ]狂気という隣人―精神科医の現場報告 (新潮文庫)[/amazon_image]

あまりにも(興味深いという意味で)面白かったので、続けて数冊購入した。

有名な松沢病院に長年勤務されていた著者により、日本の精神医療の実態が明らかとなる。

ただ、そのことに尽きず、著者の文章の論理性というか落ち着いた思考がうかがわれる文体だ。

本書は日本における司法の無責任さを明らかにし、司法精神医学では後進国であることを明らかにしている。

責任を家族に押し付けるばかりではなく、社会のシステム上の問題として「触法精神障害者」の対策を行うべきだろう。

オススメである。
[amazon_image id=”4101305722″ link=”true” target=”_blank” size=”medium” ]狂気の偽装―精神科医の臨床報告 (新潮文庫)[/amazon_image]
[amazon_image id=”4334035019″ link=”true” target=”_blank” size=”medium” ]精神障害者をどう裁くか (光文社新書)[/amazon_image]

comments: 2 »

ブログの引っ越しと追加のお知らせ

2月 7, 2011 under 管理者より

久しぶりの更新である。

ここ数日、懸案だった管理しているブログサイトの引っ越し作業を行っていた。
今後、少々不在がちになりそうなので(理由はまたお知らせします)、携帯電話などから遠隔操作のできるものへ変えておく必要があったためだ。

それまではMySQLのデータベースを使わずにテキストベースで機能する軽快な和製ブログスクリプトのBlogn+を利用していたが、スパムの処理やスキンの種類の制限、TwitterやFacebookなどとの連携などの理由から高機能なWordpressへ変更した。
サーバーもより容量の大きいところと契約した。
関連するブログはすべてこちらのサーバーへ引っ越した。
独自ドメインを取得していたのでアドレス自体の変更はない。

これらの作業に2、3日かかった。
また、このブログは2005年4月に開設したのであるが、今回、それ以前に他のブログサイトを借りて運営していた日記を追加した。
これは2000年から書いていたもので、2001年の同時多発テロ当時の事、日本人人質と彼らに対する日本社会のバッシングの凄まじさ等、当時の状況の記録としても少しは価値があるかもしれない、と思ったからだ。

日記の最初はこちら

また、これも他のサイト(海外の無料ホスティング・サービス)に何本か書いて掲載していた夢日記も、奇跡的にログが残っていたので消える前にこちらへ転載した。
これは1998年から書かれたもので、当時イギリス留学中に大学の院生用の寮が常時接続であったことをいいことにしたためたものだ。

夢日記の最初はこちら

※ブログ右側にあるカレンダーが過去にも対応しているようなので、それをナビ代わりに使うこともできます。
 

最近少し感傷的になってはいるが、記録は記録として残しておきたいと思ったのだ。
まあ、そういっても、これらはすべて個人的な記録だ。
まだ大学で教え始める以前の個人的な日記であるから、多分に不謹慎な記述もあり、あるいは10年以上の月日が流れているのでリンク切れ等も多々あるかもしれない。
それらの点はご容赦願いたい。

その他、昔書いて小劇場で上演された脚本なども5、6本あるにはあるが、これはまた別の機会に譲ろうと思う。

では、今後ともよろしくお願い申し上げます。

comments: 0 »