ムネガイタイ

1月 27, 2010 under 時事・社会

こういう事件はなくせないものなのか・・・・。
進化生物学や動物学などによれば、連れ子への虐待率は高いという。
遺伝子は自分の子孫を残そうとするから、他の遺伝子を持つ子供には潜在的に敵意を持つという。
妻は、新しい夫の庇護を得るために、これもまた先の夫の遺伝子を持つ子供を殺してしまうらしい。
歴史を考えた場合に、生物学を実際の政策に反映させることには危険が伴うが、実際の統計はどうなのだろう。
ただ、子供にとっては、血のつながりがあろうが無かろうが、大人の庇護を受けなければ生き残ることはできないのだ。
なんとか手は打てないものなのか・・・・。

「パパはいじめない」虐待死の海渡君、親かばう
1月27日14時32分配信 読売新聞
教科書の一節を写した海渡君の作品。区の展覧会に展示された
 東京・江戸川で小学1年の岡本海渡(かいと)君(7)が両親から暴行を受けて死亡した事件。警視庁は、傷害容疑で逮捕後、傷害致死容疑で送検した継父で電気工の健二容疑者(31)と実母で無職の千草容疑者(22)が、暴行を繰り返した疑いが強いとみている。
 近所の住民に「パパはいじめないよ」と話し、両親への気遣いを見せていた海渡君。それでも虐待のサインは何度も出ていた――。
 海渡君が搬送先の病院で息を引き取る2日前の今月22日午後、一家が暮らすアパートのすぐ裏手の工場に勤める男性(55)は、道端で、海渡君から「こんにちは」とあいさつされた。海渡君は、近くの区立松本小から下校する途中だった。
 「お父さんから、いじめられてないか?」。男性は海渡君が千草容疑者の連れ子だと知っていたため、虐待を受けていたことも知らずに声をかけた。「いじめられてません。悪いことをしたら怒られるけど」。はきはきとした返事に、男性は異変を感じなかった。
 海渡君が両親と暮らし始めたのは昨年4月。2か月前、飲食店で働いていた千草容疑者が、客の健二容疑者と結婚し、小学校入学を機に、千草容疑者の母の家から引き取られた。周囲の目には一家は「普通の親子」のように映り、健二容疑者の知人も「『子どもをかわいがろうと思う』と話していた」と振り返る。
 一家の様子が変わったのは昨年夏。近所の住民たちは、「ぶっ殺してやる」という大人の声と、「ギャー」という子どもの叫び声を何度も聞いていた。数軒先に住む男性はアパートの窓越しに、大人が子どもを床に落とす光景も目にした。
 区の「子ども家庭支援センター」も昨年9月、海渡君の胸や腹にアザがいくつもあるのを、診察中に見つけた歯科医から通報を受けていた。海渡君は医師に「パパはいつもぶつんだよ」と話したという。
 この事実は学校にも伝えられ、校長、副校長、担任の3人がアパートを訪ね、健二容疑者が「二度と殴らない」と話したため、報告を受けた同センターも都墨田児童相談所も「対応は不要」と判断していた。
 しかし翌10月、海渡君は11日間、12月も6日間欠席した。同じ頃、近所の路地裏に100点満点ばかりの海渡君のテストの束が捨てられているのを住民が見つけていた。
 1月に入っても始業式から20日まで登校していなかった。それでも学校側は「虐待がある」とは受け止めていなかった。
 26日まで開かれていた「区立幼稚園・小学校展覧会」に、海渡君が教科書の一節を鉛筆で写し、熊の写真をまねて挿絵にした作品が、優秀作として展示された。親熊と2匹の子熊の絵は、親熊だけが、目がつり上がっているように描かれていた。
 ◆相談所や学校の連携足りず◆
 児童虐待の初期対応を担う江戸川区の「子ども家庭支援センター」は今回、「学校側が状況を把握出来ている」との理由で両親に面会していなかった。墨田児童相談所にも文書で情報提供しただけで、同相談所も「センターが対応している」として、海渡君が学校を休みがちになる10月以降、状況を把握することはなかった。
 厚生労働省では「学校任せではなく、三者の密な連携が必要だった」として、児童相談所を運営する都道府県に対し、「虐待の情報提供後、原則48時間以内に子どもを目視する」「安全確保のための一時保護を辞さない」ことを求める通知を出した。 .最終更新:1月27日14時32分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100127-00000782-yom-soci

comments: 0 »

むき出しの権力

1月 26, 2010 under 時事・社会

普天間基地移設の問題で、移転先の名護市長選で、反対派の市長が誕生した。
このことを全く意に介さない政府官房長官平野氏の発言が反発を呼んでいる。
当然だろう。
地元の同意なしでも法的に移転できる、というのが彼の発言の意だ。
あまりにも露骨だ。
官房長官を更迭するだけの度量が鳩山首相にあればまだいいかもしれないが・・・・。
それにしても、平野氏には権力そのものを体現しているかのような発言が目立つ。
与党になった途端に、機密費は存在しないなどと発言し、批判されると、存在するが使途については明示しないなどと公式に発言している。
そもそも野党時代には機密費を公開すべきだなどと攻撃していた民主党なのだが。
官房機密費 「オープンにしていく考えない」平野官房長官
民主党政権になったことで、それまでは、曖昧かつ模糊とした形でしか見えなかった国家権力というものが、民主党の閣僚の発言や思考回路の粗雑さによって露わなものとなりつつある。

平野長官、地元との同意なしで決定も 普天間移設問題で 鳩山首相はゼロベースでの移設先検討を強調
1月26日12時36分配信 産経新聞
 平野博文官房長官は26日午前の記者会見で、沖縄県名護市長選で米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の移設受け入れ反対派の候補が当選したことを受けた移設先の検討作業について「(移設先の自治体と)合意をとらないと物事が進められないものなのか。日本の安全保障にかかわってくる問題だ」と述べ、地元の合意が得られなくても移設先を決めることがあるとの認識を示した。
 また、市長選結果をめぐる「自治体の反対を斟酌(しんしやく)していたら何もできなくなる」との自身の発言に反発の声が上がっていることに対し、「一つの民意であることを否定したつもりはない」と釈明した。
 一方、鳩山由紀夫首相は26日朝、普天間移設問題について「ゼロベースで移設先を決めていくことに変わりはない」と述べ、名護市辺野古に移設する現行案を選択肢から除外しない考えを強調した。首相公邸前で記者団の質問に答えた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100126-00000535-san-pol

comments: 0 »

講義のための覚書

1月 22, 2010 under 読書

この分野の翻訳や入門書は随分出ている。

comments: 0 »

慶應義塾「社会学2」受講生の方へ

1月 11, 2010 under 慶應大学(社会学Ⅱ), 講義

家族に新型インフルエンザの感染がでました。
ここ数日、看病をし、回復しつつあります。
しかし、今度は私に少々熱がある状況です。
私も感染している可能性が高いので、明日の講義は休講にします。
おって大学の学事からも掲示等があると思います。

comments: 0 »

なんかブームになりつつあるなあ

1月 9, 2010 under 読書

comments: 0 »

めっちゃ明るい

1月 1, 2010 under 日記

新年明けましておめでとうございます。
ただ今2010年1月1日午前2時を回ったところです。
外が非常に明るい。
きれいな月が出ているせいかもしれませんが、白夜のような明るさで、空の色までくっきりと見えます。
田舎育ちで目がいいからかも。
今年は少しは明るい年になるといいですね。

comments: 0 »