アドエス復活

10月 30, 2009 under 日記

相変わらず忙しい。
しかも孝本先生が亡くなってからは少なからずダウナーな日々が続いている。
もちろん学会のスタッフや講義や原稿やら、やらなければならないことはこなしている。
しかし、喧噪が終わり、ひとり我に返ると、心に空虚な部分が残っていることに気づく。
何か隙間があるカンジだ。
その大きさは広がりこそすれ、小さくはなっていないようだ。
泉谷が、清志郎の死を受け入れられなかったように、恩人の死の整理はまだつきそうにない。
久々のエントリーで、当初書くつもりだったこととは随分違うことを書き始めてしまったが、アドエスの話題である。

Click here to read more.. »

comments: 0 »

Sir Max Hastings Nemesis: The Battle for Japan, 1944–45

10月 8, 2009 under 日記

Click here to read more.. »

comments: 0 »

孝本先生のご業績

10月 2, 2009 under 日記

e-RADなどのデータベースから。

1. A Study of Buddhist Sect Reorganization
Annual Report of The Studies of NICHIREN (Academic Journal ,1976 ) 1 / 1 , 115-146
2. The Tranceformation of Ancestor Worship in Modern Okinawa Society
Journal of Religious Studies (Academic Journal ,1985 ) / 264 , 133-159
3. The Ideology of Ancestor in Contemporary Okinawa Society
Bulletin of the National Museum of Ethnology Special Issue (Bulletin of Universities and Institutes ,1986 ) 別冊 / 3 , 127-154
4. The Present Situation of Studies on Ancestor Worship in Sociology
Bulletin of the National Museum of Japanese History (Bulletin of Universities and Institutes ,1992 ) / 41 , 23-29
5. Establishment of Community Cinerary Monument and Ancestor Worship
Bulletin of the National Museum of Japanese History (Bulletin of Universities and Institutes ,1992 ) / 41 , 151-174
6. Ancestor Worship in Japanese Korean Society
(Bulletin of Universities and Institutes ,1998 ) / , 516(179-190)
7. A Preliminary Study for the Analysis of Ancestor Worship
The Institute of Humanities Meiji University No 46 (Bulletin of Universities and Institutes ,2000 ) 46 / , 241-250
仏教教団再編成過程の研究
研究年報日蓮とその教団 1/1, 115-146 1976 (学術雑誌)
現代沖縄社会における先祖祭祀の変容
宗教研究 /264, 133-159 1985 (学術雑誌)
現代沖縄社会における先祖観
国立民族学博物館研究報告別刷3号 別冊/3, 127-154 1986 (大学・研究所等紀要)
社会学における先祖祭祀研究の現状
国立歴史民俗博物館研究報告41 /41, 23-29 1992 (大学・研究所等紀要)
神社整理と地域社会(1973) [GeNii]
出版社:『日本における政治と宗教』(吉川弘文館)
現代都市家族における先祖祭祀観(1978) [GeNii]
出版社:現代宗教への視角(雄山閣)
民衆のなかの先祖観の一側面(1978) [GeNii]
出版社:日本宗教の複合的構造(弘文堂)
現代日本における先祖祭祀の研究課題(1988) [GeNii]
出版社:近現代における「家」の変質と宗教(新地書房)
在日コリアン家族における先祖祭祀(1993) [GeNii]
出版社:家族社会学の展開(培風館)
共同納骨碑の造立と先祖祭祀
国立歴史民俗博物館研究報告41 /41, 151-174 1992 (大学・研究所等紀要)
在日コリアン社会と先祖祭祀 (単著)
玄石権圭植博士停年記念論文集刊行委員会 516(179-190) 1998 (大学・研究所等紀要)
先祖供養の現代的意義 (単著)
“真理と創造”37 90-96 1997 (大学・研究所等紀要)
家族と死者祭祀 (単著)
“家族と死者祭祀” 1-8 1997 (大学・研究所等紀要)
仏壇と位牌祭祀 (単著)
“日本の民俗学” 7/, 105-118 1997 (大学・研究所等紀要)
シリーズ比較家族2家族と墓 (共著)
早稲田大学出版部 311-316 1993
現代家族の変容と仏教民俗 (単著)
仏教民俗学体系(]G0001[) 名著出版社 153-169 1993
国家神道の形成と展開 (単著)
講座神道 桜風社 3/, 16-44 1991
新宗教事典 (共著)
弘文堂 425-463 1990
「論集日本仏教史」大正・昭和時代 (共著)
雄山閣 1-52 1988
リーデングス日本の社会学19宗教 (共著)
東京大学出版会 81-158 1986
「思想国難」と神社 (単著)
日本における国家と宗教 大蔵出版社 315-335 1978
不受不施村落における宗教変動 (単著)
日蓮宗の諸問題 雄山閣 201-223 1975
先祖祭祀研究の分析枠組構築にむりての予備的考察
明治大学人文科学研究所紀要 46/, 241-250 2000 (大学・研究所等紀要)
http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?JGLOBAL_ID=200901050415234827

comments: 0 »

謹んで孝本貢先生のご冥福をお祈り申し上げます。

10月 1, 2009 under 日記

去る2009年9月26日、孝本貢先生(明治大学商学部教授)がご逝去された。
少しでもお役にたてればと、研究者や学会関係の各方面への連絡や、マスコミへの連絡を行った。
訃報記事の一部は現在でもWEB上でみることができる。記録のためにクリッピングしておこう。

訃報:孝本貢さん 66歳=明治大教授、宗教学専攻 /東京
 孝本貢さん 66歳(こうもと・みつぎ=明治大教授、宗教学専攻)26日、顕微鏡的多発血管炎のため死去。葬儀は29日午前11時、杉並区堀ノ内3の48の8の妙法寺堀之内静堂。喪主は妻敏子(としこ)さん。「宗教と社会」学会を設立し、会長を務めた。
〔都内版〕
毎日新聞 2009年9月28日 地方版
http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20090928ddlk13060142000c.html

本来、明治大学の広報を通せば全国版に掲載されたかもしれないが、休み中であり、また葬儀までの期間があまりなかったので、オレが代行した。
力及ばす、都内版だけの案内となってしまった。
岡山のご出身ということもあり、三大紙のほかに、『山陽新聞』にも連絡したので、そちらにも掲載されたかもしれない。
葬儀のお手伝いをし、昨日帰って来た。
泥のように眠り、今日の出勤途中、歩いていることから不意に先生の面影で心がいっぱいになってしまった。
喪失感は、遅れてやってくる。
失った人への悲しみにはタイムラグがあって、葬儀などで忙しくしている時よりも、後になって実感が伴ってくる。
・・・・。
非力ながら、先生のご研究の一端を引き継いでゆこうと、改めて決意した。

comments: 0 »