今夜もメッツです

10月 31, 2007 under 携帯より


風邪はまだ抜け切らない。休んでばかりはいられないので、今週からは通常通りの講義をしている。旅暮らし。

comments: 0 »

リストラの果て

10月 30, 2007 under 時事・社会

構造改革、リストラ、アウトソーシングなどなど、人間の使い捨て戦略によって多大な人的コストを省いてやってきた日本企業は、実はバブル期を上回る収益を上げている。
それなのに豊かさは実感できず、財務省をはじめ閣僚は消費税の増税と社会保障を二者択一させようとしている。
そんなずさんなロジックに騙されてはいけない。
法人税をまずは上げるべきだろう。
この露骨な搾取に国民は怒りを示すべきだろう。

法人所得 過去最高57兆円 16年ぶり 好調な大企業が牽引
10月30日8時1分配信 産経新聞
 今年6月までの1年間(平成18事務年度)に税務申告した全国の法人の所得総額が前年度比13・3%増の57兆828億円に上り、16年ぶりに過去最高を更新したことが29日、国税庁のまとめで分かった。これまで最高だったバブル期の2事務年度に記録した53兆1223億円を大きく上回り、企業業績の回復ぶりが申告所得からも裏付けられた格好だ。
 税務申告したのは過去最多の278万7000法人。このうち黒字申告した法人は32・4%で、過去最低の30・3%だった14事務年度以降、4年連続の上昇となった。
 50%前後だったバブル期に比べると依然として低いが、大規模法人の黒字申告割合は53・7%に上っており、業績好調な大企業が所得総額の全体的な水準を牽引(けんいん)しているといえそうだ。
 黒字法人の平均所得額は同10・5%増の6254万円となり、2年連続で過去最高を更新した。また、赤字法人の平均赤字額は同27・2%減の861万円と、16年ぶりに1000万円を下回り、底堅い景気回復の動きが赤字法人にまで及んでいる様子をうかがわせた。
 これらのうち、税務調査の対象となったのは14万7000件。10万8000件で申告漏れが見つかり、総額は同3・6%増の1兆7247億円。3万2000件、4300億円分が仮装や隠蔽(いんぺい)を伴う悪質な所得隠しと認定され、追徴税額は同11・4%増の計4402億円に上った。
 法人の申告所得は、2事務年度をピークに減少に転じ、10事務年度には33兆7837億円まで落ち込んだ。15事務年度から増加に転じ、17事務年度には50兆円の大台を回復していた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071030-00000067-san-bus_all

comments: 0 »

人間の博物学

10月 27, 2007 under 時事・社会

ヨーロッパでは、以前は先住民の剥製が展示されていた。
それらなどはどうなったのだろう。
倉庫に眠っているのか。
死体が。
イギリスにも大量のマミー(ミイラ)があるはずだ。
日本では大阪の勧業博覧会の時に、沖縄やアイヌの人々を生きたまま展示しようとした歴史がある。
アイヌの人々は実際に「展示」された。

<マオリ戦士の首>故郷NZへの返還に仏政府が「待った」
10月27日18時40分配信 毎日新聞
 【パリ福井聡】フランス北部ルーアン市が、自然史博物館所蔵の「マオリ(ニュージーランドの先住民族)戦士の首」をニュージーランドに返還しようとしたところ、「事前に相談がなかった。勝手に返還するのはまかりならん」と仏政府が「待った」をかけた。
 同博物館は24日、返還協定を在仏ニュージーランド大使館と結んだ。しかし、アルバネル仏文化相が返還停止を求める行政訴訟を起こし、裁判所は協定締結前日の23日、返還停止を命じた。このため、返還協定締結にもかかわらず、首は当面、フランスにとどまることになった。
 返還が停止されたのは、顔の表面に入れ墨が施されたマオリ戦士ミイラの首。1875年に同博物館に寄贈され、96年まで一般展示されていた。同博物館は10年間の改築を経て今年再オープン。これを機にルーアン市側は「異文化と人間の尊厳への敬意を示すべきだ」(アルベルティーニ市長)、「忌むべき前世紀の密売史を閉じるべきだ」(同博物館館長)と返還を決めた。
 同博物館によると、西欧では19世紀、入れ墨入りの首が装飾品として人気を呼び、中には「輸出するため、頭部に入れ墨を彫られ、殺害された例もある」という。ニュージーランド側は「遺体の尊厳を守りたい」と92年に返還を呼びかけ、これまでに数カ国が応じてきた。
 仏文化省の顧問弁護士は「今回はマオリの首一つだが、今後、ルーブル美術館のミイラなどにも(返還の動きが)波及しかねない」と警戒、マオリの首数点を所蔵するパリのケ・ブランリー博物館も返還には慎重な姿勢を示している。
最終更新:10月27日18時40分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071027-00000066-mai-int

comments: 0 »

証人喚問は中継されます。

10月 27, 2007 under 時事・社会

前のエントリーの続報。
動画中継が決まったようだ。

<守屋前次官>29日の証人喚問、動画で中継へ
10月27日18時44分配信 毎日新聞
 衆院テロ防止・イラク支援特別委員会で29日に行われる守屋武昌前防衛事務次官の証人喚問の撮影が許可され、動画で中継されることになった。同特別委の中谷元与党筆頭理事(自民)と鉢呂吉雄野党筆頭理事(民主)が27日の電話協議で合意した。
 守屋氏喚問について、中谷氏は26日、鉢呂氏に守屋氏の意向として喚問中の撮影禁止を打診したが、鉢呂氏はこれを拒み、結論を持ち越していた。27日に中谷氏が守屋氏の意向を改めて確認したところ、撮影に応じる考えを示したため、撮影を認めることにした。
最終更新:10月27日18時44分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071027-00000068-mai-pol

comments: 0 »

与党は腰砕けなのか?

10月 27, 2007 under 時事・社会

亀田興毅が謝罪会見を行った。
あれはあれで立派だった。
バッシングにさらされることを承知の上でカメラの前に出てきた。
筋は通したのだから、あとはボクシングに専念すればよい。
むしろ、会見に遅刻しただとか嫌味な質問をねちねちと繰り返した、ワイドショウか何かの担当らしき記者の方が劣悪だった。
いい大人たちが何を醜い姿をさらしているのか。
で、国会の証人喚問であるが、限りなく贈収賄に近い官僚トップへの接待が問題なのである。
ゲームのチップは税金、つまり人の金だ。
撮影を許可しないのであれば、与党への信頼は下がる一方だろう。
現政権は守屋と心中するつもりなのか?
与党は何を恐れているのか?
中谷氏も接待を受けてきたのか?
守屋は亀田以下だ。

与党、証言中の撮影に反対=開会前の理事会で協議-守屋氏喚問
10月27日1時2分配信 時事通信
 衆院テロ防止特別委員会の中谷元与党筆頭理事(自民)は26日午後、鉢呂吉雄野党筆頭理事(民主)に電話し、守屋武昌前防衛事務次官が29日の証人喚問に応じる意向を衆院事務局に連絡してきたと伝えた。その上で、「守屋氏の希望」を踏まえ、喚問中の撮影は認めるべきでないとの考えを示した。
 これに対し、鉢呂氏は撮影を許可するよう主張したため、29日昼の理事会で協議することになった。議院証言法は、証人の宣誓や証言中の撮影について、委員長が証人の意見を聴いた上で、委員会に諮り許可すると規定している。撮影が許可されない場合、喚問のテレビ中継は証人の宣誓が始まった段階で、静止画像に切り替わるのが通例だ。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071026-00000279-jij-pol

comments: 2 »

総合科目「戦争とメディア」

10月 25, 2007 under 専修大学, 講義

週末から体調が悪く寝ていたが、今日はなんとか起き出して専修大学へ。
近代史研究者の大谷正氏の主宰する総合科目の講義担当だったからだ。
担当するのは2回しかないので、寝てばかりもいられない。
休んでいたおかげでかなり回復はしていたが、階段などは結構つらかった。
受講生は意欲的に取り組んでいた。
自分の等身大の疑問と学問とを橋渡しすることの重要性を、どの大学へ行っても、学部の講義では特に感じる。
ディスカッションなどで他の学生と議論するのが初めての学生も多かったらしく、関心を持ってくれたようだ。
乾いた砂地に水が吸い込まれてゆくような感じだ。
こちらの責任も感じる。
次回は大学祭のため再来週になるが、期待にそえるよう、準備をしてゆく。

comments: 1 »

フランス:移民家族にDNA検査法案 週内採決強行か

10月 23, 2007 under 時事・社会

風邪で寝込んでいます。
時間と体力がないので、とりあえずクリッピングのみ。

Click here to read more.. »

comments: 0 »

増税論メディア各社の論調

10月 19, 2007 under 時事・社会

メディアの問題を講義で扱ったが、今回の増税論について各新聞メディアの論調について比較して報じている記事があった。
「消費税アップやむなし」 自民党、大手新聞社に台頭
世論作りには注意深くあらねばならない。

Click here to read more.. »

comments: 0 »