アミネさん一家の現状

1月 27, 2007 under 日記

報道によれば、アミネさん一家は特別許可が認められないこととなっている。
入管は短大合格が決まっている娘のみを留学ビザで再入国させるという提案を提示している。
しかし、再入国が確実に約束されるかの保証はない。
それを確実にさせようということだ。
いずれにしても、家族は確実に引き離される方向で進んでいる。
「人道」支援の名の下に、海外へ兵力を派遣する前に、難民の受け入れといい、国内での「人道」をまずは守るべきだ。

再入国<不法残留>一家4人でイラン帰国も 高3長女の再入国条件
1月27日12時37分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070127-00000042-mai-soci
 不法残留し、最高裁で強制退去処分が確定している群馬県高崎市のイラン人、アミネ・カリルさん(43)は27日、条件が整えば一家4人でいったんイランに帰国する考えを明らかにした。高校3年の長女マリアムさん(18)の再入国が認められ、日本で1人で生活できることが条件。4回目の仮放免の期限が切れる2月の出頭時に東京入国管理局に伝える。
 帰国の方針は、26日に支援団体と協議して決めたという。アミネさん一家は今月12日、3回目の仮放免期限が切れるのに伴い入管に出頭。その際、入管側は在留特別許可が認められないことを改めて通告し、短大に合格し進学を希望しているマリアムさんだけ再入国するよう促していた。
 取材に対しアミネさんは「娘を日本に1人で残していくのは不安だが、やむを得ない。娘がしっかり生活できるかどうか確認したい」と話した。【杉山順平】

プロレスラーのジャガー横田夫妻はハワイで出産した。
アメリカは国籍の出生地主義をとっているため、生まれた子供は日本国籍とアメリカ国籍の二つを持っている。
日本の国籍法は出生地主義ではなく、「血統主義」をとっている。
たとえ日本で生まれようと、日本人の「血」を引いていなければ、それは日本人としては認められない。
民族的な「血」のレトリックに、法が基づいている。
(正規滞在者だけでも)200万人以上も外国人がいる日本の現実社会の実態にはそぐわないだろう。

comments: 0 »

フェア・トレード

1月 27, 2007 under 日記

今日の『朝日新聞』朝刊「Be」にはフェアトレードの特集記事が掲載されていた。
短いものであるが、いくつかの試みが紹介され、現在順調な伸びを見せているとの事だ。
フェア・トレードは、今後、年間300億円産業にまで成長する可能性があるという。
オルター・トレード・ジャパンはNGOから発足したフェアトレード会社で、現在、順調な伸びを示している一社だ。
ここは研究誌を季刊で発行しているとのこと。
早速入手してみよう。

Click here to read more.. »

comments: 0 »

解決法

1月 25, 2007 under 日記

斜めに、対角線上に寝てみました。

comments: 0 »

キングサイズ

1月 24, 2007 under 日記

忙しいのでホテルに泊まっている。
空きがあったのか広い部屋にアップグレードしてくれたのだが、キングサイズのベッドに一人で寝るのかと思うとさびしさもひとしお(涙)。

comments: 0 »

『百年の愚行』

1月 21, 2007 under 日記

以前のエントリーで展示を紹介したが、普及版の書籍も出ている。
レヴィ=ストロースなども寄稿している。
彼は長生きだ。

Click here to read more.. »

comments: 0 »

放送中止?

1月 20, 2007 under 時事・社会

先日のエントリーで、フジ系の『あるある大辞典』でナットウの健康効果を訴える番組が非科学的であるという批判があるということを書いたが、架空のデータやダイエットの効果を主張するために別人をつかったりしていたそうだ。
先ほどTBS系の『イブニング・ニュース』(2006年1月20日)で報道していた、関西テレビの会見で判明した。
とりあえず明日の放送は見送るそうだ。
ナットウが連日売り切れになる狂騒状態が起こったが、納豆を買うために店に走った人々はだまされていたのである。
もっと怒るべきだろう。

comments: 1 »

『頭を冷やすための靖国論』

1月 14, 2007 under 読書

筑摩書房から送られてきた。
著者である三土修平氏のご配慮であろう。
ちくま新書の最新刊の1冊であり、新聞の新刊案内で知っていて購入するつもりだったのでありがたい。

Click here to read more.. »

comments: 2 »

スタニスワフ・レム

1月 14, 2007 under 読書

SFはサイエンス・フィクションの略ではなく、スペキュレイティヴ(思索的)・フィクションの略なのだといわれるが、ディックなどを読むとやはりそれもうなづける。
今月、NHK-BSで『ソラリス』が放映される。
二度映画化されているこの作品、原作はスタニスワフ・レム『ソラリスの陽のもとに』である。
未読なので、これから読もうと思う。

Click here to read more.. »

comments: 0 »