キャンパスに必要なもの

11月 27, 2006 under 日記

明日から講義で女性の問題に入るため、Audrey Mullender, Rethinking Domestic Violence: The Social Work and Probation Response, Routledge, 1996.をパラパラと読んでいる。

これは留学中にキャンパス内の古書店で買ったものだ。
SU(Student Union)の判が押してある。
Used Bookなので当然安い。
上記の本は、現在ペーパーバックでさえ、日本円で 6,411円だそうだ。
これを買ったときは、9ポンドぐらいだった。
欧米では、キャンパス内に、こうしたUsed Book Shopが必ずある。
不要になった書籍を学生が売り、学生が買うのだ。
多くは教科書に指定された本だが、中には学位論文のために読んだのだと思われる専門書や、医学書、画集などもある。
講義では、いつも学生に文章を書かせているが、しばらく前、その中に、「紹介された本を買おうとしたが財布に100円しかなかったので残念だけどあきらめました。いつか手に入れようと思います」というものがあった。
若いからお腹も空くし、地方からの学生は家賃をはじめ生活費も大変であろう。
オレの講義は教科書を指定せず、大量のプリントを用意するが、必要な教科書や辞書類も買わなくてはならないだろう。
アルバイトもままならない状況もあるだろう。
なんとか、キャンパス内にUsed Book Shopをもてないものだろうか、と痛切に思う。
大学で誰かそうした業者の資格をとればできるのではないだろうか?
古物商の資格なのか?
それなら中古PCなども販売できるようになるのではないだろうか?
キャンパスに必要なものは高いビルでも豪華なレストランでもなく、こういったシステムなのではないだろうか。

comments: 0 »

レア・メタル

11月 25, 2006 under 日記

携帯電話やPCなどの情報機器に使われている小型コンデンサーの原料となっているタンタル(タンタリウム、タンタライト、コルタン)などの希少金属(レアメタル)が、アフリカのコンゴ民主共和国などで内戦を深刻化させる原因ともなっている。
国連や、メディアにも取り上げられて久しい。
Congo’s coltan rush
講義でも触れたが、身近なものであるだけに学生にもショックは大きかったようだ。
auでもdocomoでもソフトバンクでもいいが、こうした搾取率の高い産出国の原料を使わない携帯電話などを造るのはどうだろうか?
フェア・トレード・ケータイなどと銘打てば、かなりの利用者数が見込めるのではないだろうか?

comments: 0 »

星空が

11月 25, 2006 under 日記

今、ベランダから見上げたら、星空がとてもきれいです。
オススメ。

comments: 0 »

支持母体にも説明をすべき

11月 24, 2006 under 日記

名前(clean party)が泣いている。
公明党:区議6人が辞職 政務調査費の不適正支出で

 辞職願を出したのは寺島幹事長のほか、▽島崎孝好(64)▽俵一郎(63)▽小林国夫(57)▽川崎恵利子(56)▽中島洋士(42)の5氏。政務調査費を巡っては、市民団体「目黒区オンブズマン」が先月末、議長の「抱き枕」購入代や公明党区議団の日帰り旅行代などに不適正支出があるとして、議長に約109万円、同党区議団に約596万円を区に返還させるよう求める住民監査請求を起こしていた。
 これを受け、同区議団が自主調査。この結果、政務調査費を自家用車の車検整備費(5万6700円)やカーナビ購入代(約15万円)に充てるケースがあったほか、広報宣伝費や交通費などにも不適正支出が見つかったという。

きっちりした懲罰をつけられるかどうか、世の中は注目しているはずだ。

Click here to read more.. »

comments: 1 »

ジェイムズ・クリフォード

11月 23, 2006 under 告知

「文化を書く」や「ディアスポラ」などで著名なジェイムズ・クリフォードが来日し、講演をするそうだ。
昨年度卒業した学生のブログで知った。
公式サイトにリンクしておこう。
財団法人国際文化会館アイハウス・アカデミー

comments: 0 »

識別

11月 20, 2006 under 日記

オレだけぢゃないはずだ・・・!!
えびちゃんともえちゃんの区別が付かないのは。

comments: 2 »

DSM-IVの問題

11月 19, 2006 under 調査・研究

境界例や境界性人格(パーソナリティ)障害、いわゆるボーダーラインという症例について調べたり考えたりしている。
新宗教を扱う講義に入る前に、「不安産業」について触れるためだ。
ボーダラインなどはオレがまだ学生の頃から聞かれるようになったものだ。これを定義しているのがDSM-IVである(「精神障害の診断と統計マニュアル」Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders)。
さまざまな人格障害という診断を下す場合に、これが一種の基準として用いられている。
だが、この基準であるが、科学的根拠が薄弱であり、抗うつ剤を売るために製薬会社と精神科医やセラピストによって仕組まれた陰謀ではないかという批判もある。
Financial Ties between DSM-IV Panel Members and the Pharmaceutical Industry
Experts Defining Mental Disorders Are Linked to Drug Firms

comments: 4 »

明日は調査

11月 18, 2006 under 日記

明日はライフヒストリーの聞き取り調査で九段下へ行く予定だ。
大正13年生まれの方に、これまでの人生を語っていただく。
記録に残すために録画も行う。
HDDデジカムは持っているのだが、三脚がないので買いに行った。
ヤマダデンキでなんと2000円程度だ。
三脚を買うのは初めてだったのだが、こんなに安いのかと少しびっくり。
HDDのデジカムは軽量で、メディアも必要ないので便利なのだが、溜め込んだ動画をPCに移したりして容量を確保しておく必要がある。
忙しい(あるいはオレのようなズボラな)ユーザーには少し難点もある。

comments: 0 »