季節

4月 21, 2004 under ダイエット

毎年、桜が散って一週間ほど経つと、体調は好調である。
オレにとってのアレルゲンである特定の種類の花粉が飛ばなくなる、つうこともあるが、ぢつは、これから誕生月である五月が終わるまで、おそらく一年でもっとも体調がいい期間に突入する。
体調は、身体もそうであるが、脳も精神も、である。
いろいろと活動的になるのである。
心も前向きである。
大抵のことにはめげないし、深刻になりすぎることもない。
ちったあ深刻になったほうがいい、つう意見もあるが。
他人も人間社会もワケもなく信じられる。
講義中もさわやか先生だ。
葉桜も、新緑も目に鮮やか。
空気の湿度もオレにとって適切で、さわやかだし、気分がいい。
ビバ!!ちきう!!
そう思ってしまう。
能天気といわれればそれまでであるが、しかし、これには科学的裏づけがありそうである。
そんな記事がこちらである。
BBCの元記事はこちら
「博士によれば、5月に誕生した人々の50%が自分のことを幸運である、と答えており、一方10月生まれで自分を幸運であると答えた人は43%に留まったという。また博士はその結果を受けて、5月に誕生した人は、即ち夏の始まりに生まれているため、生後6ヶ月間を夏の中で過ごすのに対し、10月に誕生した人は生後6ヶ月間を冬の中で過ごさなければいけなくなるということを指摘している」
・・・のだそうである。
夏の終わりまでは恋愛も上り調子で(勝手に)盛り上がっていったのであるが、夏の終わりと共に一挙に下降線を辿っていった昨年の例は典型的だ。
まあ、でも、一年のうち、半年間、幸せならそれでもいいか。
オホホ。

劣悪

4月 20, 2004 under ダイエット

フランス「ルモンド」紙の報道の一部が朝日新聞
http://www2.asahi.com/special/jieitai/houjin/TKY200404200125.htmlでも紹介されたが、その日本語抄訳は以下のURLで読むことができる。
http://homepage.mac.com/naoyuki_hashimoto/iblog/C394170269/index.html
政府与党の国家主義者は恥ずかしくないのか?
まあ、恥ずかしくないから人質家族に圧力をかけたり、被害者に料金を請求したりできるのだろうな。
アメリカのパウエル長官でさえ、彼ら人質たちを激励しているのである。
アメリカの現政権は大嫌いだが、人権意識はしっかりしている。
実は日本の政権与党はもっと低俗で劣悪なのかもしれない。
こういう発言をした閣僚や政治家の名前を忘れてはいけない。
自己責任を声高に叫んだ読売や産経などの保守系新聞も同様だ。
これら保守系新聞に限らず、日本の新聞は朝日も毎日も、すべての記事が匿名で、だれが書いたか分からない。
この点で2ちゃんねるなどの無責任で差別的な発言と大差ない。
人間は、匿名になるといくらでも下劣になる。
記事は署名制にすべきだし、それこそ、執筆者の自己責任を自覚すべきである。

丁寧

4月 19, 2004 under ダイエット

親切すぎるのかなんなのか、受講者が増える一方である。
数年前、40人前後で開講した当初が懐かしい。
単位にならなくても、自由聴講で来る生徒も結構いる。
なにしろ、学科の選択必修であるのに、対象学年の人数よりもかなり多いのである。
多めに刷った資料のプリントも足りないので、途中で刷りに行った。
口コミで受講者が増えてゆくのは喜ばしいことであるのだが、労働、という観点から見れば負担は大きい。
毎回学生に、今日の講義で理解したことや考えたこと、質問・要望などを15分から20分与えて書かせているが、人数が増えるとこれを読むのもかなり負担で、ダイエット中ということもあるのか、頭がくらくらしてくる。
主義としてすべてを丁寧に読んでいるからである。
そして、このレスポンスを受けて次の講義内容を修正しつつ決定するのである。
もちろん学生の書いたものから学ぶことも多いのであるが、こういったきめ細かなサービスは、人数が多くなればなるほど負担になってくる。
また、その日のうちに処理しないと、後になって泣きを見ちゃうのでその日の内に目を通す。
特に今日は、例の女子大で一限目、その後、八王子へ戻って午後にニ時限の、三回の講義をやる日なので、200名以上の文章を読んでいる。
先ほど読み終わったが、ブドウ糖の結晶をいくつか齧り、脳に栄養補給をしながら読んだ。
今はビールを飲んでいるが。
朝が早いので、睡眠不足でもあり、朝食は時間がないので車でカロリーメイトを齧り、これも箱買いしておいた野菜ジュースとコーヒーを飲むぐらいである。
体重は66.0キロ。
体脂肪率24%。
すでに開始より4キロ減。
これは順調なのか、やつれているのか。

準備

4月 18, 2004 under ダイエット

世間って一体なんだ?
そもそも在外邦人の保護は日本国家の義務だし。
莫大な機密費は、こういうときにこそ使うべきである。
人質は民間人なんだからほっといてやれ。
——————–
さて、今日は家で家事と初稿ゲラをやった。
あとは明日の講義の準備。
明日は二校を掛け持ちするのでちょっと大変だ。
ナビには日頃使うポイントをいくつも記憶させた。
—————
安めぐみはかわいい、つうことを書こうと思っていたのだが、この一週間で熱が冷めてしまった(笑)。
しかし、杏さゆりの時もそうだったが、グラビア・アイドルにはうといので、グラビアをやめた頃、初めて知ることになる。
——————–
今日からバイクや筋トレを再開。
一週間ほどサボったら、胸の筋肉は動かせなくなっていた。
すぐに退化するな。
体重は66.4kg。
体脂肪率は25%。
———————-
アクアクリスタルってどうなんだろう?

新車

4月 17, 2004 under ダイエット

長い一週間だった。
新学期が始まり、講義も始まった。
今年から初めて行く女子大の授業はなんと月曜一限目である。
オレが学生の頃には決して行けなかった時間である(笑)。
ラッシュ時なので、道路状態が読めないので早めに家を出た。
そしたら早く着きすぎてしまい、一時間半も早朝の女子大をうろうろしていた。
おかげで校舎や教室の配置などが分かった。
男子トイレが少ないのではないかと心配していたが、そんなことはなかった。
————————
新車が来た。
HondaのHR-Vというステーションワゴンだ。
しかも、マニュアル車である(爆)。
なぜいまどきマニュアル車なのか、しかもhondaのマルチマジックという無段階変速エンジンは有名なのに。
それは、やはり若いときに身体に染み付いたマニュアル・シフトが懐かしかったからである。
それに、hondaの場合はマニュアル車の方が安い。
最近では、マニュアル車を探すのは難しくなっている。
納車後、乗ってみたが、やはり「自分で操作している感」がたまらなくいい。
もっとも、交差点で、二度ほどエンストしたがな(笑)。
クラッチの感覚がつかめていないのと、5、6年ほどオートマ車にしか乗っていなかったからである。
坂道発進なんて、もうドキドキしちゃう。
マドンナにLike a Virginつう歌があったが(世代バレ)、まるで初めて乗ったかのようなドキドキ感である。
———————–
ナビはDVDで、ETCも付いている。
TVもDVDも観られる。
クレジット会社でETCカードも作っていたので早速高速で使ってみたが、ゲートが本当に開くのか、ここでもちょっとドキドキした。
車体の色はブリリアント・ホワイト・パールという特殊な色で、ノーマルよりも3万円ほど、高い。
これまでは黒や濃色車ばかりに乗ってきたので、思い切ってイメージチェンジを。
マニュアルにした分安くなったが、それ以外のこれらオプションで結局は相殺つうことだな。
ともあれ、しばらくはドライブ時にあきないですみそうだ。
————————
人質も解放されたので(おいおい)、今日は八王子駅前へ繰り出し(笑)、床屋をはじめ種々の買物を済ませた。
それから、金券ショップへ行った。
色々なところからもらっていたギフト券などを換金したのである。
買った事はあるが、売ったことはなかったので、ここでもちょっとドキドキ。
大体、3万円ほどになった。ビバ!!
その後、GWに親が使う新幹線の切符を頼まれていたので購入しに行った。
えきねっとですでに予約していたのであるが、窓口が混んでいて20分以上も並ぶ。
JR八王子駅の窓口は人数を増やすべきだ。
窓口はたったの3つしかない。
人口は50万人以上いるのだ。
それか、えきネットで購入したら切符は宅配してくれ。
———————-
で、駅から戻る途中、エスカレーターをおりると、下のロビーではなにやら高校生らしき若者たちが募金を呼びかけている。
交通や災害の遺児の進学のための、いわゆる「あしなが」である。
これまでは募金をしたことはなかったが、呼びかけていた女子高生がかわいかったので・・・いや。財布の中の小銭をすべて箱に入れた。
金券ショップや床屋のおつりなどで、500円玉や100円玉が結構あった。
3千円前後か?
これまで、偽善的な感じがして募金はイヤだったのだが、昨年あたりから変わってきた。
きっかけはユニセフのシエラレオネのレポートであった。
そこで少し変わった。
偽善でもいいのである。
根っから善良な人間などいない。
これから300万年ぐらい経てば、進化して変わるかもしれないが、人間が根底から善意だけの存在になるのを待っている間にも苦しんでいる人はいるのだ。
それまでは偽善で結構なのである。
つうことで、人質事件のカンパやら、あしながやらにも、わずかの額の喜捨はする。
わざわざ自分で探しはしないが、出くわしたらならもう避けないでいこうと思う。
————————-
この一週間、特に運動はしていなかったのであるが、昨夜計ったら何故だか体重は66.8キロになっていた。
新学期なので、飲みに行く機会も二回あったし、それ以外でも毎晩家で飲んでいる。
ただ、ここ一週間は食のに対する関心がまったくなかったので、ご飯に大根おろしばかり食べていた。
朝は忙しいのでカロリーメイトである。
毎日続けているのは箱買いした「健康系カテキン式」ぐらいだ。
あ、そうか。
講義が始まり、朝から人前に立って動いて話しっぱなしなので、この運動量がすごいのか。
なるほどなっとく。

解放

4月 16, 2004 under ダイエット

やっと人質が解放。
とりあえず、人質の解放を喜びたいと思います。
たとえそれが共産党員だろうとイスラム教徒だろうと自業自得だろうと、死に瀕している人を何とかしたいと思える人間であり続けたいと思います。
色々なことを言う人はいますが、これは哲学や思想以前の反応です。
今回は学ぶことが多かったです。
拘束された可能性のある不明のジャーナリストがまだ二人いますが、無事を祈りたいと思います。
明日からは、やっと日常の日記を再開できると思います。

告知

4月 15, 2004 under ダイエット

人質たちは、イスラム教テロリストに、というよりも、再開されたアメリカのファルージャ空爆によって殺されてしまうかもしれない。
それにしても、今日のAsahi.comからのクリッピング。
とうとう被害者家族たちに謝罪の会見までさせちゃったよ。
———————
人質事件家族が特派員協会で会見 「迷惑と心配」謝罪
イラク人質事件の家族たちは14日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で、記者会見に臨んだ。家族たちは「世界に迷惑と心配をかけた」として謝罪するとともに、3人の救出のために世界のメディアに協力して欲しいと改めて訴えた。
————
元記事はこちら。
ところで、東京にいる彼ら家族たちは、そろそろ経済的にきびしくなってきたそうだ。
カンパの呼びかけはこちら。
オレはこれらのサイトとは無関係だが、勝手に告知する。
多少(つうか少々?)のカンパもする。

中傷

4月 14, 2004 under ダイエット

今日も人質は解放されていない。
で、共同通信http://www.kyodo.co.jp/からのクリッピング。
————————-
心労の家族に心ない中傷 留守電にまで「死ね」
 イラク日本人人質事件で心労の深まる3人の家族に、心ない中傷や嫌がらせが追い打ちをかけている。無言電話や「自業自得」と書かれたファクスなどは13日までで数十件。家族は留守番電話にするなどの対応に追い込まれ、警察は不測の事態に備え実家警備を強化した。「傷ついている人になぜそんなことを」と憤りの声が上がった。
 札幌市の今井紀明さん(18)の自宅は、あまりの嫌がらせ、中傷電話の多さから13日に留守番電話にしてNTTの電話番号案内もやめた。だが、今度は留守電に「死ね」と吹き込んで切ったり、仏具らしい「チーン」という音だけが繰り返し録音されたりした。
 北海道千歳市の高遠菜穂子さん(34)宅。強い調子で発言する弟妹の映像がテレビで流れた後「ふざけるんじゃねえ」などの電話が多数かかり、家の人は寝られなかった。
————————–