作業

8月 31, 2002 under ダイエット

さらに更新。

引き続き更新作業をやっている。

日記の引越しというよりも、テキスト中心のサイトを目指すことに(笑)。

昔のサイトのテキスト系コンテンツなどもここに集中させる予定だ。
,

comments: 0 » tags:

複数

8月 31, 2002 under ダイエット

そういえば、この新しいスクリプトは同じ日付で複数の日記を書くことができるのである。

これは夜中、つまりその日の午前中に書いちゃったときで、あとからまた同じ日付で追加したいときに便利である。

外から更新する場合も、短い文章を数回に分けて書き込め、しかも分けて表示できる。

その場合は、今回のように「その2」などと銘記することにしよう。

ま、まあ、更新すれば、の話であるが(笑)。

↑ガンバルんではなかったのかっ?!,

comments: 0 » tags:

試行

8月 31, 2002 under ダイエット

さて、引越しが終わったのだが。

いろいろとCGIの使えるサイトや日記用のスクリプト、カウンタなどを物色してはテストしてみた。

サーバーは、広告がTOPに入るが、ポップアップはなく、運営も安定していることなどから、老舗のnetfirms.comにしてみた。

ページ上部にバナー広告が入るので無料である。

日記用CGIスクリプトも、いろいろ試してみた。

フレームを使用したカレンダーや、レス機能がついたBBSに近いものなどいろいろとある中で、ちょっとデザインが変わったものを試してみた。

ノートっぽくてイイカンジだ。しばらく運用してみよう。

enpituからの移転の告知以来、予想していた以上のメールをもらった。

ありがとう。
がんばります。

(っても、マイペースでやるだけなのだが)

,

移転

8月 30, 2002 under ダイエット

帰ってきたばかりでなんだが、この日記を移転および閉鎖する。
「ちっともダイエット日記ぢゃない!」とかの苦情が来たわけではない。
詳しい理由をここに書くことはしない。
広大なネットの片隅の、違う世界で違う出会いもあることであろう。
そんなワケで、過去ログをみてみると、この日記は2000年10月からつけ始めたのだということを改めて知る。
忙しかったり気がのらないときは更新が滞ったりしたとはいえ、よくもこの横着な人間が二年近くも続けられたものである・・・・などと少しばかりしみじみである。
移転先はまだ不明である。
このenpituサイトを利用するかもしれないし、他の日記サイトを探すかもしれない。
CGIを使えるレンタルサーバーなどで日記用スクリプトを自分で運営することになるかもしれない(その可能性が高い)。
先ほども今まで作って放置したままになっている自分のサイトを消去する作業をやっていた。
これが結構面倒な作業だ。
サーバーがダウンしていたりで、ファイルを消去しようにもログイン自体できなかったりするからである(笑)。
ここの日記も過去ログのバックアップが済み次第消す予定だ。
ハンドルネームも変える予定でいる。
少しずつ、「とに」としての、これまでの足跡を消して行こうと思う。
移転先をここに告知することはしない。
ただ、それではあまりにも失礼であるから、すでに日記に関してメールを頂いている方や、my登録などしてくれている方でこちらからメールを出すことが可能な方などには移転後URLをお知らせするつもりである。
カウンターは、これを書いている現在、のべで16598ヒットである。
今まで、このいいかげんな日記を読んでくれ、さらには投票までしてくれた方々、my登録とかしてくれてた方々には本当に感謝している。
長い間、ありがとうございました。

横断

8月 29, 2002 under ダイエット

高山から帰ってきた。
小京都と言われる飛騨高山であるが、今回で三度目、しかもひと月の内に二回も行くとさすがにみるところはない。
関越道に始まる北回りのルートを使い、車で行ったのであるが、高山市内や周辺なども色々と走ったのでかなり道を覚えた。
飛騨古川や飛騨国府も回ったので、にわか高山通である。
松本から高山に抜ける国道158号線は、安曇野を越えて上高地へ至るルートだけあってかなり険しい道だ。
トンネルをいくつも作ることによって、無理やり通れるようにしたというカンジで、本来なら車など越えられないほどの地形である。
標高は高く、谷は深く、山は迫っている。
しかしその代わり観光という点からみればすばらしいところではある。
自然の雄大さは満喫できるところであり、冬は乗鞍岳を始め、スキー場には事欠かない。
今のような夏は絶好の夏山シーズンである。
上高地へはマイカーでは直接乗り入れることはできないので、途中で車を駐車場に預け、バスで行かなくてはならない。
環境保全がその理由ということだ。
もっとも高山方面へ抜けるための車は、乗り入れ禁止区域が始まったところよりも先へ行くことができる。
その途中で左折し、新しくできた安房峠トンネルを抜けるのだ。
この安房峠トンネル、正式には中部横断道路というらしい。
観光シーズンももう終わりかけている8月下旬で、しかもウイークデイだったためか渋滞もなく、スムーズに往復することができた。
自宅から高山市内まで、4時間半ぐらいで到着した。
帰りも同じくらいだ。
事故もない。
三日間、学生諸君の若さに触れたので、オレも少しリフレッシュできたかもしれない。
カラダはきついがね。

地図

8月 26, 2002 under ダイエット

♪虹色のロマ~~~ンス。
キョウテイハニーか・・・・。
昨日はりきって酔い止めを買ってしまったのになんだが、明日バスで行くのは取りやめにした。
ためしに、今日、早く起きてみたらめちゃめちゃ調子わるく、これはとてもバスになんか乗れねーやと観念したのである。
早く、といっても朝の9時だったが。
で、後輩に電話して自分の車で行く旨を告げた。
前日ですまんのう。
それからルートを検索。
ルート検索には重宝なサイトがある。
Map Fanエネオスである。
いずれも無料の会員登録が必要である。
地図として使うならMap Fanだろうが、今回重宝したのはエネオスの方だ。
有料道路を使うルート検索には非常に便利である。
各インターやSA、PAまでが一覧できるし、それぞれまでの距離や目安時刻なども一覧される。
有料道路の料金も分かる。
ただ、これだけでは不安なので書店へ行って最新の地図を買ってきた。
日本中部道路地図だ。
なんと飛騨と信州を結ぶ国道158号線には安房峠トンネルというのが開通しているらしい。
ちょっと前の地図にはなかったから、比較的最近なのだろう。
松本から上高地へ向けて上っていく158号が、そのまま高山までつながっている。
これによって飛騨―信州間が冬にも往復ができるようになったと地図には説明が書いてある。
すげー。
これができるまでは冬期は通れなかったんだ~~。
で、いろいろ地図を見ていて気がついたのだが、これってまさに『高野聖(こうやひじり)』に出てきた山道ではないのかっ?!!
しかも、車とはいえ、一人で行くのである。
・・・・。
こ、怖いっ!!(涙)
よ、読まなきゃよかった『高野聖』(爆)。
自宅から高山までは、このルートによると約300キロある。
松本まではずっと高速なので道を間違える恐れもない。
昔、トラックの運転手のバイトをしていたこともあって、その頃は毎日軽井沢まで行っていた。
それに、一昨年から調査で長野へ行くことが多く、しかもかなり広い地域を踏破しているので、知らない道ではない。
問題の峠以外は。
なんとか無事に、生きて帰りたいものである。
その後、オイルとオイル・エレメントなどを交換し、遠出に備えた。
さて、そういうわけで明日からまたいなくなるが、余裕があったら、携帯から更新しよう(ホントか?)。

義歯

8月 25, 2002 under ダイエット

メダカのプランターにはホテイアオイ(ホテイ草)を入れている。
環境がいいのか、どんどん株別れして増殖している。
やがて花が咲くようになった。
hotei001.jpg
こんなかんじで、涼しげである。
秋まで楽しめるらしい。
今度の飛騨行きは新幹線ではなくバスを使う。
長い時間バスに乗るので乗り物酔いが心配である。
ぢつはオレは乗り物に弱い。
ちょっと睡眠不足だったり、体調が悪かったりするとテキメンである。
自分で運転する分にはぜんぜん大丈夫なのであるが。
乗り物酔いにならないためには、酒を飲んで先に酔ってしまう、というテもある。
飛行機ならこの方法が使える。
国内でもスーパーシートなら酒が飲めたりする。
だが、バスで、しかも朝8時から酒を飲むわけには行かないし、学生たちの手前もある。
で、念のため酔い止めの薬を買ってきた。
最近、薬とは疎遠になってきている。
それは、ハラの調子がいいからだ。
講義などもなく、ストレスがないというのがおそらく大きな原因であろう。
その他に毎日続けている身体によさそうなのことは以下の4つである。
1)健保マークつきのヨーグルトを毎日食ってる。
2)キウイも毎日一個は食っている。
3)ビール酵母も摂っている。
4)発酵茶(プーアル茶)とメグスリノキも毎日飲んでいる。
ヨーグルトは、乳酸菌が確実に腸まで届くという健保マークつきのもので、具体的には「ナチュ●」である。
これはスノー・ブランドだから、比較的安い価格設定になっている。
500ml入りのものを二日で食べるから、一日の摂取量は250mlである。
これにキウイとビール酵母をまぜて食べる。
これが昼食代わりになっている。
あとは食べたいものを食べている。
体重が減ったカンジはしないが、顔の肉が落ちてきたような気もする。
耳が痛いとか書いたら、心配のメールをもらった。
耳以外にも歯が原因というのがありえるらしい。
心当たりは、思いっきりある。
数年前に留学したが、その前に悪い歯をすべて治した。
特に奥歯などぼろぼろだったので、合計で六、七本、一挙に治した。
中学時代の同級生が歯科医となって開業していたので、無理を言って優先的に治してもらい2ヶ月ほどですべてやってもらった。
突貫工事である。
奥歯は基本的にはすべて義歯となった。
歯根すら残っていないので、当然神経などもない。
だから痛くないのである。
帰国後も痛くないので歯医者には行ってない。
たまに、歯ではなくて歯茎の内部にすこし鈍痛を感じることがある。
しかし、ちょっと「重いかな」ぐらいにしか感じない程度だ。
おそらくこれがいけないのかもしれない。
痛覚神経は何のためにあるかといえば、これは身体のアラーム機能なのだろう。
つまり、組織が破壊されたり、炎症が起こったりすると、そうした異変・病変の存在を脳に対して警報を出しているのだ。
だから、オレの歯は数年前から警報装置を半永久的にオフにしてしまったのと同じ状態である。
歯は痛くならないのだから、その周辺部が痛くなる以外にはない。
ひどい場合にはあごの骨が腐ってしまうまで気がつかないこともあるらしい。
そうすると大手術である。
こえーーーーーー。
だが、一晩たったら耳も痛くなくなっていた。
わーーーい。
つうか、痛くなくなったのは一層やばくなったということではっ?!
うう。
飛騨から帰って来たら、素直に医者へ行こうと思います。

耳痛

8月 24, 2002 under ダイエット

耳が痛ひ(涙)。
あーーーーーっもう!痛いのよ!!(なぜかオカマ言葉)
左耳の奥のほうが痛い。
それに耳の付け根からあごにかけて下りて来る線も痛い。
リンパ腺か?
オタフクだろうか?
いや、オタフク風邪は子供の頃にやったハズだ。
朝型の生活に矯正しようと、昨夜は徹夜を決意。
朝の5時ごろ、空腹に耐えかねてコンビニへ車を走らせ、お菓子とかビールとかサンドウィッチとかを買い込む。
それらを食すと、すっかり眠くなってしまい、今朝の六時に寝てしまい、昼に起きた。
これぢゃあ、なんにもならないぢゃん。
しかも、なんにもならないどころか、耳が痛くなっている。
なんなんだ?
なんか悪いことしたのだろうか。
水泳とかをして訳ではないから耳に水が入ることもないハズだ。
それにミミズにオシッコもひっかけてない(それは違う)。
なんか、雑菌が入ったのだろうか?
しかもこんな奥の方に。
くそう。
今日こそは寝ないゾ!!!
つうか、耳のためには寝たほうがいいのか?