洞察

10月 30, 2001 under ダイエット

あ。
トイレに入っている時にここ数年来の疑問がすっと解けた。
昔から、馬上(ばじょう)、枕上(ちんじょう)、厠上(そくじょう)といって、ひらめく場所があるという。
馬に揺られているとき、寝る前や目覚めのとき、トイレ。
これを三上(さんじょう)という。
ビバ!!三上!!!
忘れないうちにメモ帳に入力しておいた。
ま、解けたといっても専門的な問題なのでここでは書かないが、こういう「ひらめきの瞬間」は久しぶりである。

一息

10月 28, 2001 under ダイエット

昨日の調査と今日の試験とでちょっと一息。
明日は用事があるので大学へ行かなければならないが、約束が午後3時なので切迫感はない。
で、この間に、ブルースス・プリングスティーンのオリジナルCDを作る。
アルバム未収録と収録が半々ぐらいのものを作った。
一枚は車載用である。
今、早速聴きながら書いているが、やっぱりすばらしい。
以前、BSで深夜やっていたCNNかどこかがやったインタビューを思い出す。
詳しい内容は忘れたが、次のようなことを言っていた。
「誰もが経験したことを描くのが大切だ。
夕暮れの道で、風が吹き、落ち葉やほこりを巻き上げて通り過ぎてゆく。
そうした何の変哲もない光景は、個別な体験ではあるけれど、誰もが経験しているという意味で普遍的だ。
そういった曲を書くんだ。」
確かに、彼の歌う「川」とか「山」とか「車」とかは、どこにでもあり、誰にでもリアリティをもって想像できる光景である。
そうした確かで、普遍的なイメージを土台として、その上に、彼の独自な世界を構築するのであろう。
そういう仕事がしたい。

番組

10月 27, 2001 under ダイエット

『ダーマ&グレッグ』を観るついでに、直前の『爆笑オンエアバトル』をたまに観る。
ちっとも爆笑できない。
これは芸人が面白くないのか、ジャッジが悪いのか。
こういうのを観ると、衆愚政治とか思い浮かぶ。
『ダーマ~』は好きである。
つうか、NHKは海外作品に対する選択眼がいい。
いっそ、受信料を下げて、海外番組の比重をふやしたらどうか?
自作の番組はカネの無駄遣いである。
官僚組織に自作の番組を作るセンスも気概もないのだから。
しかし、朝の6時には起きたのだが、8時台の電車に乗り遅れるのはどういう訳なんだろう(笑)。>オレ
・・・・。
土曜日って、平日ダイヤではなかったんだね。
これからまだまだ寝られないのです。

添付

10月 26, 2001 under ダイエット

え?
ゴルゴ松本って、埼玉県、しかも県北の出身なの?
どこかの誰か。
少なくともオレのメールアドレスをアドレス帳に入れている人がコンピュータウイルスに感染したらしい。
昨日、添付ファイル付の無記名メールが送られてきて、その添付ファイルはウイルスに感染していた。
Hybris系の亜種。
いわゆるトロイの木馬のワームである。
とろいじゃん・ぷろぐらむ。
無害なファイルにみせかけて、システムの中にはいって来るところからそう名づけられたという。
まったく、忙しいときに限って、このようなハプニングが、得てしておこるものである。
これを読んでいる人で、オレのメルアドをしっていて、なおかつattのアカウントを利用している人、要チェックです。
とろいじゃんが送られてきたのはこれで4回目である。
そこで、雑誌の付録に入っていたノートン・インターネット・セキュリティ2001をインストールしてみた。
体験版である。
30日と、使用日数に期限があるが、機能的には制限なく使える。
最近のウイルスソフトは結構すぐれものである。
ファイヤーウォールの機能なども持たせてあるし、メールも、ダウンロードの段階ですべてチェックしてくれる。
たのもしいっす。
今、コタツでノートPCでアクセスしている。
このノート、スペックは非力であるが、プロクシもapacheもperlもファイヤーウォールも入れてある。
さらにこの体験版で、さらなるセキュリティ強化がなされたことになる。
はりねずみノートと命名しよう。
などと、昨夜、命名したりしていたので、今日はすっかり不調です。
脳の、前頭葉がはたらいていないかんじである。
気分もぶるー。
いろいろと読まなくてはならないことや書かなければならないことや考えなければならないことや覚えなければならないことなどが山積みになっているので頭が働かないとマズイのである。
とりあえず、さっき風呂に入ったので、ちょっとすっきりしたが、気付けに飲み始めた日本酒のせいで、ちょっといい気持ちになりつつもある。
酒はアッパー系のドラッグなので、気分が落ち込む時には適量を飲むのはいいことだそうである。
明日は調査でまた靖国神社へいってくる。
電車やだにゃ~。

嘔吐

10月 25, 2001 under ダイエット

いやー。
高田がついにミルコとやるんですなあ。
昨夜は、上司と飲みに行ったのだったが。
生牡蠣に始まり、刺盛り、焼き鳥などと食うわ飲むわ。
で、帰りにコンビに入る。
急にアイスが食いたくなり、アイスとカレーパンとヨーグルトなどを買った。
宿で食った。
うう。
しばらくするとなんだか気持ち悪くなった。
いったい何が悪かったのか?
牡蠣か?
それともレアっぽかった焼き鳥か?
いや。さっきのバニラアイスか?
カレーパンだったのか?
ゾクゾクと寒気とかもしてきた。
ベッドに入ったが、寝ようと思っても眠れず、とりあえず、身体をあたためようと風呂に入る。
うう。
風呂から上がると、やっぱ気持ち悪い。
この時点で夜中の3時ごろである。
大田胃散を飲んでみた。
うう。
やっぱり気持ち悪い。
つうか、さらに気持ち悪くなってきた。
で、トイレに行って吐くことにした。
吐いたのは、この日記にも書いたが、半年ほど前の入院事件以来である。
久しぶりである。
苦しさもなんとなく懐かしかったり(オイ)。
で、うがいをして、ベッドにもどり、いつのまにか気絶するように眠ったらしい。
管理人さんからの電話で起こされる。
「あのう。何時ごろ出られますか?」
「?」
時計を見ると11時であった。
チェックアウトの時間も過ぎている。
それにしても、しっかり寝たせいか、身体はすっかり回復しているようだ。
睡眠は大切である。
朝食兼昼食には、牡蠣とほうれん草のクリーム・スパゲティを食べる。
ぜんぜん懲りてないのさ(爆)。

監視

10月 24, 2001 under ダイエット

うまい棒のキャラクターはドラえもんに激似である。
パクリというか、バッタもん系だ。
B級テイスト漂う、隠れたマスコットである。
昨日、石川県で銀行強盗が発生した。
この強盗、カウンターにあった麻袋と千円札一枚を奪って、現在も逃走中である。
麻袋の中には1円玉が千枚入っていたという。
合計二千円だ。
逃走中の犯人は、どんな心境なのだろう。
これだけでもB級映画のネタになりそうなシチュエーションである。
B級といえば、二千円でもうまい棒なら200個買える。
逃走中、コンビニでうまい棒を買うシーンを入れたい(笑)。
Nシステムというものがある。
これは高速道路や主要幹線道路などに設置されている、自動で車のナンバープレートを読み取り、膨大なデータベース化をしている機械のネットワークである。
高性能の赤外線CCDカメラと高速・大容量のコンピュータ・ネットワークによって実現した、国民監視装置である。
現在、日本には、なんと600台を越えるこの装置が稼動している。
いつの間にこんな数になったのであろう。
日本全国にくまなく設置されているらしいが、特に首都圏には多い。
また、自衛隊の駐屯地周辺、米軍基地周辺、成田空港周辺等、国防上の重点地域などを通る車のナンバープレートはすべて記録されている。
形状は速度違反取締りのオービスに似ているので、素人であるオレには区別がつかない。
高速道路にもある。
まず、入り口の通行券が発行される時、入り口で撮影されている。
これは、通行券の上部に印刷されている一連の数字の最後の2桁がその車のナンバーの下二桁と同じ事からも確認できる。
その後、関越道鶴ヶ島付近、圏央道入間付近、そして所沢出口で通行券は回収され、国道16号米軍横田基地と、職場へ来るまでに知らない間に5回もナンバーが記録されちゃっているのである。
犯罪捜査だけではなく、過激派やオウム対策として、90年代後半に知らぬうちに徐々に広まっていったらしい。
国民の同意など全くなく進行しているのである。
このシステムはプライバシー上、かなり問題があるという。
つまり、国民を潜在的な犯罪者、あるいは国家の治安をみだすものという発想が根底にあるからである。
すでに盗聴法も出来てしまっている。
これは電話、FAX,電子メールの傍受まででき、さらに、潜在的に犯罪者とみなされた者の「事前盗聴」も可能にしている悪法である。
さらに、住民登録や戸籍、納税者リスト、健康保険、年金等の情報のICカード化などが進められていて、これにクレジット・カードの情報などをあわせると、国家に対し、個人は丸裸であるに等しい。
誰かに監視されている気がする、というのは妄想性分裂症の典型的な症例のひとつであるが、これを妄想であるとは言い切れない世の中になってきた。
社会派ぶって、ダイエットの話題をごまかしているわけではない。
いや。ホントだって。

蜜柑

10月 22, 2001 under ダイエット

静岡県は清水に親戚がいる。
ここから蜜柑とかお茶とかが送られてきた。
蜜柑を食ってみたのだが、これがうまい!!!
家でこんな美味しいミカンを食べられるなんて、
あ~~。あたしゃ~幸せだよ(まるちゃん風)。
すっかりコタツでミカンである。
さらに今日はダウンベストまで出した。
NHKのドラマで陣内が主演している『Heart』というのがある。
第一回だけ観てあとは観なかったが、さっきやっていた。
「まだやってんのか。よせよせ」などと言いながらすぐに別のチャンネルへ。
第一回がくそ面白くなかったからである。
新しいっぽい画像を作ろうとしているみたいでもあったが、堤の真似というかパクリですっかり空回り。
DondokoDonの山口なども出ていたが、これが関西人の役ではなく、なんと、どっかの外人の役。
外人に化けている関西人ならアヤシクていいのだが、本当に外人という設定らしいのである。
「おいおい。どうみたって日本人ぢゃねーかよ」などというツッコミすら入れる気にすらならない。
こんなところにも監督のセンスのなさが明らかである。
こういう番組が、俺たちのカネで作られるているかと思うとハラがたつ!!!
腕のARMSが発現しそうなくらいである。
バカヤロウ!!NHK!!ふざけんな!!!
介助犬の番組を日テレ系でやっていた。
脊髄性筋萎縮症の12歳の少女のドキュメンタリーだ。
日本では、介護犬を使うのに12歳がもっとも若い例だという。
アメリカでは5歳の障害者から使うことができる。
そればかりか、なんと日本には介助犬が、まだ19匹しかいないらしい。
たった19匹である。
人口は1億2千もいるのである。
ぜんぜん足りない。
つうか、ふざけてるのか!!!と言ってもいい。
福祉後進国であるとは思っていたが、これほどとは思わなかった。
厚生労働省も官僚も政治家も政党もなにをやっているのか?
つうかヤル気なんかないのである。
そうとしか思えん!!
福祉などをうたっている政党は早急になんとかすべきである。
あ~~くそハラたつ!!!
官僚制というのが現代社会の大きな問題のひとつである。
これは自由主義でも社会主義でも避けられない問題である。
あらゆる組織は、巨大になればなるほど人間性を失っていく。
自衛隊の海外派遣も、官僚のトップにのぼりつめた者たちと、おろかな政治化どもによって始まってしまった。
マックス・ウェーバーというドイツの社会学者は、これを現代人の逃れられない「鉄の檻」であると言ったが、
この檻をなんとか砕きたい。
国家論をもっと勉強しちゃお。
せっかくの蜜柑による幸せは、あっという間に消え去ってしまった。

無題

10月 20, 2001 under ダイエット

昨日忘れる話を書いたが、題名を書くのをすっかり忘れてしまった(笑)。
先週、あまり更新がなかったが、この間に久しぶりにホームページを作成したりしていた。
自分のホームページではなく、以来を受けてやったのだが、CGIとかJAVAとかをカスタマイズしたり、様々な無料ホスティングのアカウントをとったりもしていた。
このように機械ばかりいぢっているから落ち込むのかもしれない。
それとも「秋」だからかも。
いや。石は投げないでくれ。
いずれにしても更新をサボっている間にもアクセスカウンタがまわっているのでちょっと責任を感じてしまったり、しまわなかったり。
昨日のことになるが、友人と食事に行った。
平日の昼間で、友人は失業中である。
行ったのは、関東地方の街道沿いに店舗展開をしている「山田うどん」である。
これは関東各地にはあるが、23区内にはないという、ローカル色濃厚な外食チェーンである。
店は食堂といったカンジで、看板も、巨大なヤジロベエという素敵な垢抜けなさである。
店名とは関係ないかのように、うどん専門というわけではぜんぜんなく、そばもカレーもある。
ここの売りは様々なセットメニューである。
特に「パンチ・セット」というのがお気に入りである。
これは、うどん、ごはんに、モツ煮がついてくるものである。
モツ煮定食なのであるが、なぜか名称は「パンチ・セット」なのである。
厨房ではなんか普通のおかあさんがつくっている。
味も、家庭料理の域をでていない。
しかし、なんか好きなのである。
マックへ行くぐらいなら、ためらいなく「山田うどん」である。
客は、トラックの運ちゃんや、車での外回りのサラリーマンが多い。
国道沿いに店舗があるので、こうした労働者向けの営業形態になっているのであろう。
若い女性などほとんど来ないから、ジャージとかでも全然平気である。
そしてその後本屋へ行って、帰ってきた。
今日またその友人から電話があった。
どうやらその友人の車にサイフを忘れてきたらしい(笑)。
また忘れ物である。
なんか、海馬のあたりがスポンジ化してきたのかもしれない。