男色談義

4月 26, 2001 under ダイエット

昨日のことになるが某教授の研究室ですごい本を見つけた。
『南方熊楠 男色談義:岩田順一往復書簡』(八坂書房)である。
南方熊楠はあの南方熊楠である。
日本の民俗学や博物学の草分け的存在である。
TVの「知ってるつもり」で取り上げられたりもしたのでご存知の方は多いであろう。
10年程前に少年ジャンプで「てんぎゃん」というタイトルでその自伝が漫画化されたこともある。
熊楠(「くまぐす」あるいは「くまくす」)は、その膨大で博覧強記といえる知識と圧倒的な記憶力、それに行動力で知られる近代日本の知的巨人である。
明治期の日本に嫌気がさし、アメリカへ渡り、アメリカの学問が程度が低い学校をやめてしまい曲馬団に入って中南米へ渡り、さらにはロンドンへ渡り、大英博物館に認められ、現在でもある有名な科学雑誌「ネイチャー」へ論文がいくつも掲載されている。
熊楠は、英国へ留学した夏目漱石がカルチャー・ショックで神経性の胃病を病み、失意のうちに帰国した同時代に、白人と同等に渡り合い認められた近代日本唯一の知識人である。
専門は今でいう生物学で粘菌などの研究者であるが、古今東西の文学・故事・文化・風俗に対する造詣も深く、柳田国男なども教えを乞うたほどの膨大な知識を有していた。
その彼の往復書簡集。
しかも膨大な書簡の中心的なテーマは「男色」である。
その一連の書簡の相手が、岩田順一である。
岩田順一は戦争末期に病没しているが、半生を日本における「男色」に関する古典文献を渉猟・収集にささげ、「本朝男色考」などの著作をまとめ若き男色研究者である。
岩田は江戸川乱歩の筆名で有名な平井太郎の親友でもある。
乱歩はその長き執筆生活のなかで、自分の作品に愛想を尽かし、何度か断筆してしまい、長い旅に出ていた時期があるが、おそらくそうした空白の時期に、岩田と二人で男色に関する文献を求めて日本各地を旅してまわっていたらしい。
後年、そうした長年の成果を踏まえて発表されたものが「本朝男色考」である。
「本朝男色考」とは、いわば男色という視角から見た古代から現代までの日本文化史なのである。
前代未聞の研究書であろう。
その岩田と熊楠との往復書簡なのである。
そして巻頭を飾る「はしがき」は稲垣足穂であり、巻末を飾っているのは江戸川乱歩である。
このような本が面白くないはずがない!!
昨夜から読み始めたのであるが、両者の博覧強記さ、膨大な知識に圧倒され、目からうろこが落ちまくっている。
なかでも熊楠自身の少年に対する愛情の体験、男色における「浄」と「不浄」、武士や僧侶の世界におけ男色などなど。
すべて文献に基づいて考証されているのである。
ハードカバーで400ページを超える大作。
今、3分の1を読み終えたところである。
はなぢが出そうなくらい面白い本である。
いや、オレはノンケだけどな。

ばかうけ

4月 21, 2001 under ダイエット

欽ちゃんネタではない。
「ばかうけ」というお菓子をご存知だろうか。
全国区で販売しているお菓子であるかどうかは知らないが、お茶菓子などによく使われるせんべいのようなスナックのような庶民的なお菓子である。
スーパーやコンビニなどでも売っていて、昔からいつも実家にあるので、母親がこのお菓子のファンらしい。
製造販売は栗●米菓という会社であるらしい。
最近はIT革命とかなんとかで企業がドメイン名を取得しているのは珍しくない。
そのドメイン名であるが、驚いたことに、
www.baka.ne.jp
である。
しかも、ne.jpというのは日本の通信事業者のドメインである(笑)。
おそらく、「ばかうけ」は主力の製品なのだろう。社運がかかっている。
しかし、特定の商品名をドメイン名にしてしまい、しかも「ばか」である。
ドメイン名であるからメールアドレスにも@以降は「ばか」である。
社長以下、すべて「ばか」というのはいさぎよいというか、好感度大だ(笑)。
しかし、どうしてneドメインなのだろうか?
ドメイン名はインフレーションをおこしているから、すでにcoとかは使われていて取れなかったのであろうか?
ためしにbaka.co.jpのURLに書き換えてみたらどうやら使われていないようだ。
HPを訪れてみたところ、なにやら「ばかうけ」ファンは独自の世界を構築しているらしい。
メールマガジンも発行している。
会員登録もあり、さらには抱き枕まである。
栗●米菓・・・。実は懐の深い会社なのかもしれない。

やばい・・・。

4月 14, 2001 under ダイエット

忙しさと花粉症のためすっかり出不精となっていた。
今日、ひさびさにマウンテンバイクに乗って買い物に行った。
一キロと離れていないハズだが、息切れが・・・。
一年程前、スポーツ・ジムの会員になったときの最初の体力測定で心肺機能が80歳代だと診断されたこともあるが(笑)、自転車もウォーキングも離れてから久しい。
そのくせタバコはセブンスターを一日1箱ほど吸っている。
ダイエット以前に心肺機能を回復しなくてはならない。
杉の花粉もようやく落ち着いてきたことであるし、そろそろウォーキングを再開する時なのかも・・・。

レッド・ドラゴン

4月 12, 2001 under ダイエット

物置を整理して発見された大量のコミックをヤフーオークションに出品した。
昨日は出品作業をやったのだが、これが結構面倒で、今日はやる気になれなかった。
『ハンニバル』や『羊たちの沈黙』で有名なトマス・ハリスを読もうと思っていたのだが、どうせならレクター博士が登場するシリーズ第一作から読もうと思って第一作の『レッド・ドラゴン』をちょっと前から探していた。
長らく品切れ状態で手に入らなかったのだが、ここにきて『ハンニバル』の封切に合わせて増刷したようだ。ふつうの本屋で手に入った。
トマス・ハリス『レッド・ドラゴン(上・下)』(早川文庫)である。
引越しのさなかに手に入れたのであるがやっと読み始めることができた。
ちょっと訳文に納得がいかないところがある。
文章がちょっと古臭いのだ。
たとえば地名のバーミンガムはバーミングハムとかgを発音する訳し方だし、なんか江戸川乱歩にでてくるような「ですます体」の会話文があったりする。
で、奥付を見ると訳者は1938年京都大学卒とある。
さらに1991年にすでに鬼籍に入っている人だった。
なるほど戦前に青春を過ごした人だったわけである。
文章には個性だけではなくやはり時代も反映している。
さて、この『レッド・ドラゴン』であるが、実はすでに映画化されている。
主人公の名前から『刑事グラハム』という邦題で、『羊たち~』のヒット後にはこれが『レクター博士の沈黙』という題名に変更された。
このあたりのビデオ会社の便乗主義とセンスのなさがちょっとイヤである。
何故こんなことを書いたかというと物置に『刑事~』も『羊~』もビデオがあったからである。なんかミニアックな物置である(笑)。
『刑事~』あるいは『レクター博士~』でレンタルビデオにあるかもしれないので興味のある方は探してみるといいだろう。
さてさて原作の『レッド・ドラゴン』であるが、文体の古さを差し引いても十分面白そうだ。まだ読みはじめであるが、そう思わせる。
しばらくサイコな世界にひたれそうである。

過去の過ち?

4月 10, 2001 under ダイエット

本当に久しぶりの日記である。
日記はDiaryだから毎日つけるものであるがもう二週間以上もつけていない。
この間に何をしていたかというと、毎日結構忙しかった。
職場と自宅の引越し、上司の研究室の引越し、自宅であまりの本の多さに受け入れを拒否され、プレハブに書斎をつくり、フローリングと電話回線引き込みとBSを含むTVアンテナ線の引き込み、物置の本の整理、PCのセッティング、家庭内LANのセッティング、ドイツでのシンポジュームの原稿の出版用の手直しをする暇がないため締め切りに遅れるという交渉、オレが管理者になっている大学OBのメーリングリストのメンバーがコンピュータウイルスに感染し、ML全体への大量感染を防ぐための情報収集とセキュリティ対策、物置で見つけた大量の古いコミックを収納場所がないため整理してこの際ヤフーオークションへ出品、大量の洗濯、粗大ごみの始末、上司の研究室の引越し先でのPCセッティング、猫あそび、などなどなどなど・・・である。
毎日3食を食べ、カロリー制限は特にしていないが太る気配がないほど遊ん働いていたのである。マジ大変だった。
そして、このくそ忙しい中、知らない女性からメールがきた。
メールには自己紹介があり、その女性は22歳OL。名前や住所、スリーサイズまで書かれている。なんか出会い系のサイトで掲載されているオレのメッセージをみたといって「お返事お待ちします」とか書いている。メルアドも間違いなくオレがメインで使っているものだ。
誰だ~~?!オレを彼女募集中に登録したやつは?!(爆)
ま、確かに募集中なのであるが(自爆)。
・・・そういえばまだネット初心者の頃の5年程前、面白がって登録しちゃった覚えもあるようなないような気もしたりする。
が、5年も前の話なのでよく覚えていないし、その後留学したり、就職したり、引っ越したりなどをしたため何がなんだがすべては霧の向こうだ(笑)。留学中のシステムを帰国後移行し、メルアドやメールの過去ログなどは帰国以前のものなど消えてしまっている。ハード構成自体まったく変えてしまったため何も残っていないのだ。 
しかし、メールには「インターネットに掲載されているあなたのメッセージをみて、勇気を出してメールをしました」とある。
どこだ~~~?!!そのサイトってどこなんだ~~~?!!
もしもオレが自分で登録し、それが掲載されているとしても、その情報は5年前のものだ。それがいまでもこのネットの海のどこかに漂っているのだろうか?そして5年前のオレはいったいどんなメッセージをのこしたのだろうか?
まったく記憶にないが、それゆえそのことを考えるとはずかしーーー!!!たまんねー!!!(笑)。
当然、その女性からのメールには、恥ずかしさをしのんで事情を説明し、どのサイトにオレの情報が掲載されているのか問い合わせた。でも、それ以来、
返事がねえーーーーー!!(爆)
当然、種々の検索エンジンを使ってオレ自身について検索しまくったが、それらしきものは見当たらない。現在では数ある(と思われる)出会い系サイトへ片っ端からオレを探すためにオレは登録しまくらなければならないのだろうか・・・。
で、なにがいいたいかというと、
求む!解決方法!!
でも地方のミスに選ばれていたりスリーサイズとか結構オレの好みのタイプっぽい(ボソ)。