1998年12月14日の夢

12月 14, 1998 under 夢日記

夢日記

第六回

アビス

Abyss

 

 

 

 

 

 

南の海にいた。

 

大海原。360度、海しか見えない。

水平線はゆったりとした弧を描いており、地球が球状をしていることが分かる。

 

 

 

 

 

凪いだ海だ。

いっぱいの太陽。

透明な光。

強い紫外線であるが、それを跳ね返すだけの生命力にみなぎっている。

残酷なほどの生命力。

 

 

 

 

 

 

 

さわやかな風によってできたさざなみ。

白くあわ立つ海水。

透けて見えるのは珊瑚礁だ。

 

 

上空からの視点で見ている。

鳥瞰図。

 

 

 

気がつくと案内役の男と海に潜っている。

原住民といった男。褐色の肌。

      

 

 

 

 

 

一瞬にして

音を失った

青い青い世界に

俺たちはいた。

 

 

 

 

海底はそう深くない。

6、7メートルほどである。

 

 

透明度のある海水で、水の中は明るい。

美しい別世界だ。

 

 

小魚の群れが泳いでゆく。

 

 

死んだ珊瑚がつくった白い砂。

 

 

……。

 

 

……案内の男に導かれるようにして

                      俺は白い岩が盛り上がっているところへ潜ってゆく。

 

ダイビング・セットなどつけていない。

          男も、

                  俺も素潜りである。

 

 

恐怖はない。

明るい海底。

 

岩は石灰質だった。

 

 

 

男は秘密のところに連れていってくれるのだ。

楽しそうな顔をしていた。

 

 

 

 

いつのまにか、岩の内部に入ったらしい。

気がつくと、そこは岩でできたドームだった。

海底にできた鍾乳洞のようだ。

 

 

 

鍾乳石なので

角がない。

 

角のない壁。               角のない柱。

                    石筍。   

 

 

 

 

丸いカプセルのような石室になって、

それがいくつも続いている。

 

 

 

カプセルの底面積は六平方メートルぐらいか。

天井も岩であるがあまり暗くはない。

岩を透かして太陽光が届いているようだ。

 

 

カプセルがいくつも続いている。

そこは海水で満たされている。

 

海  底  の  鍾  乳  洞。

 

 

 

幻 想 的 な        光景だ。

 

 

 

 

 

……。

 

 

ふと、俺は酸素が気になった。

しかし、その不安を察したのか男が微笑んで見せる。

手近の石室の天井の方を指差す。

 

 

俺は水中で身体を翻し、

            ひとつの石室に入ってみる。

 

石室の天井はアーチ型をしていて、

なるほど、

                     そこには逃げ場のなくなった空気が取り残されている。

 

 

 

水面にお椀を伏せた時の状態と同じだ。

 

 

俺は空気の中に顔を出し、息をつく。

空気は、シン、と冷えていた。

 

 

 

ふと見ると、足下の方、カプセル状の石室には何か黒いものが沢山泳いでいた。

             鰹節のような

 

                  のっぺりした流線型のようなシルエット。

 

                          魚かとおもったが、

よく見るとそれは30センチぐらいのアシカの子供だった。

 

 

 

 

そうか。ここは自然の造形を利用したアシカの養殖場なのだ。

ずっと、続くこれらのカプセル状の石室には沢山のアシカの子供がひしめいているのだった。

 

案内の男はそれを俺に見せたかったのだろう。

男はニコニコして、今度は真上を指差して見せた。

養殖場を見せたから、もう外へ出ようという合図だ。

次には何を見せてくれるのだろうか?

 

 

 

……。

 

 

俺たちは浮上していた。

海底の鍾乳洞からでて、海上に戻ったらしい。

音が戻ってきた。

海鳥の鳴き声。

波のさざめき。

照りつける太陽。

さわやかな風。

空気のある世界に戻ったのだ。

 

 

まわりに陸地は見えない。

気がつくと俺たちの目の前に巨大な椰子の樹が建っている。

珊瑚礁の浅瀬に一本だけ建っているのだ。

 

径は40センチほどであるが、高さは20メートルはあろうかという椰子の樹。

ひょろりと。

       信じられないほど長く。

               その椰子の樹は何もない海中に

高く、高く屹立していた。

 

 

そして、その先端部分に小屋があった。

 

 

案内の男はその先端にある小屋を指差す。

ニコニコ笑っている。

日に焼けた顔に白い歯が美しい。

それはまだ文明に毒されていない笑顔だ。

 

 

そして次の瞬間俺たちはもうその小屋の中にいた。

小屋は細い枝を組んで作ってある。

カヤ葺きの屋根は涼しい。

床には椰子の葉を編んだ敷物がしかれていた。

 

 

 

 

 

半裸の老人が座っている。

顔や身体、褐色の肌のところどころ白い模様が描かれている。

どうやらこの男が彼らの部族の酋長らしい。

何か知らない言葉で話しかけられる。

案内の男が通訳したらしく、歓迎の食事が始まるということが分かった。

 

 

 

 

食事は、俺の歓迎のため、伝統的なアシカ料理だった。

あの養殖していたアシカを食べるのだ。

目の前に出てきたのはアシカの子供の丸焼きのようだ。

真っ黒い肉の塊がバナナの皮に包まれている。蒸し焼きにしたアシカの肉らしい。

おいしそうなのかどうか、俺の夢には嗅覚がないので分からなかった。

そういえば特に食欲もない。

強いていえば義務感と、淡い好奇心だけか。

 

 

俺は無感動に料理を見ていたが、こういう場合、断ることは無礼になるので食べることにした。

黙っているのもなんなので、場を持たせるために何か会話をしなければ、と思う。

そこで、酋長に、これはなんと言う料理かと尋ねてみる。

酋長は、好々爺然として答える。

しかし俺にはわからない言葉なので、案内の男が通訳する。

「大切なお客様をもてなすときの伝統料理です」

満面の笑みを浮かべている男の言葉に、俺はうなづく。

やはり思った通りだった。

なごやかな雰囲気だ。

ニコニコしながら男は続けていった。

「蒸し焼きにしています。これは人間の胎児です」

 

 

 

そこで再び最初のシーンに戻った。

 

南の海。

海鳥の鳴き声。

波のさざめき。

360度、海しか見えない。

水平線はゆったりとした弧を描いており、地球が球状をしていることが分かる。

そこに高い一本の椰子の樹が屹立しており、その上に小屋がある。

俺は鳥瞰してそれらの景色を見ている。

 

凪いだ海。

いっぱいの太陽。

残酷なほどの生命力。

 

 

 

 

 

【解説】

 

 

 これもまた実に分からない夢である。

 楽園のような、とても平和な南の海とカンニバリズムが同居している。

 一体、何を伝えんとした夢なのだろうか。

 どうも、夢がいつも水に関係している。

 

 アシカは何の象徴なのだろう?

 人間の胎児とは?

 

 しかし、夢の中では、ほとんど驚いていない。

 

 本文にも書いたが、残酷なまでの生命力に満ちた夢だった。自然の持つ生命力とは、本来、人間の意志など遠く及ばないものなのかもしれない。それを残酷というのは、単なる人間の感傷に過ぎないのだろう。

 

 冬は苦手だから、南の島にでも行きたいものであるが、楽園など何処にもない、というアイロニーなのかもしれない。あるいは、現実逃避への警告かもしれない。

 

 ううむ。

comments: 0 »

1998年12月5日の夢

12月 5, 1998 under 夢日記

夢日記

第五回

スリーピング・ビューティ

Sleeping Beauty

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    砂利を踏んで歩いていた。

 

 

 

 

 

   舗装のされていない田舎道である。

                                                  ザクッ。

固い感触。

    ザクッ。           土の感触。

                                    ザクッ。

 

 

かなり昔の世界のようだった。

1960年代だろうか。

まだ未舗装の道路が珍しくない時代だ。

 

 

                 視界には丘陵地帯。低い山が連なっている。 

           

                秋から冬へと変わりゆく景色。

 

 

 

     山裾に沿って河があるらしい。

                        曲がり具合が。

                             山裾の屈曲の具合がそう思わせていた。

 

俺たちが歩いているところよりも低いので河は見えない。

            ザクッ。

 

風は冷たいが、まだ日は高いので寒くは無い。

ザクッ。

          ザクッ。

一緒に歩いているのは、所属している小劇団の座長である井上氏である。

彼の家に向かっている。

 

ザクッ。

 

すぐに着いた。もうそばまで来ていたのだ。

 

  

 

そこは裏口のようだ。

 

 

 

 

中に入る。

 

ボロい家だった。

 

というか、

そこはそもそも家ではなかった。

 

廃棄されたコンテナか、あるいは貨物車両を何台か縦につなげておいたものだ。

 

 

 

三部屋ぐらいある。

六畳ほどの空間が鰻の寝床のようにつながっている。

当然どこもまったく同じ間取りだ。

しかし、洗濯機やら箪笥やらの生活品が置かれているので雑然としている。

この裏口にも、そして彼方に見える玄関にもドアはない。

 

 

 

  

 

もう一軒。

 

 

同じ作りの家が

 

向こうがわが見える。

 

 

そこには何か白い布が揺れている。

 

 

洗濯物であろうか。

 

 

はたはたと、ひらめいている。

 

 

 

 

 

 

気がつくと、井上氏が何か言っていた。

 

 

書いてくれますか?

 

 

 

原稿の依頼だ。原稿とは芝居の脚本のことである。

 

もう書いたよ。

 

 

そういって、俺は持っていた包みを渡す。

 

それはカンバスであった。晩秋の景色が描かれている。それは先ほど見た外の景色だった。紅葉する山々。

何故かそれは原稿ではなく絵画なのだった。

 

 

 

しかし俺も井上氏もそのことを不思議には思わない。

 

俺はこの作品を

は彼が初めてであるので少し

どきどきしている。

 

固唾を飲んで、しかしそれを彼に悟られないように、作品に見入る彼の姿を見つめている。

ある程度、こちらが思惑通りの感銘を彼に与えているようでほっとする。

他人の評価は気になるものだ。

 

 

 

しばし眺めた後、彼は納得したようにその画を受け取る。

 

確かに。

 

彼が言う。

 

 

続きはまた今度だ。

 

俺はそういった。

 

 

そうして、

彼はもう仕事に行かなければならないが、

ここで勝手にしてくれていいと言った。

 

答えないでいるうちに時間が経過したらしい。

気がつくと、もう俺は一人だった。

彼は仕事に行ってしまったのだ。

 

部屋の中は座るところもないくらいに雑然としている。

勝手にしてくれと言われても、他人の家なのでくつろげない。

 

退屈というか、

寂しくなった。

 

 

外へ出てみた。

部屋を突き抜けた、玄関側だ。

 

さきほど見たように、もう一軒、コンテナをつなげた住居があった。

濯物が張り巡らされている。

 

    

住居の周りには、垂れ幕のように洗濯物が張り巡らされている。

 

 

 

 

 

 

 

 

周囲は一面、白一色だ。

                    

 

 

 

 

 

 

          雲の中にいるようだ。

 

 

 

 

                                

 

ヨーロッパの下町に見られるように、細い路地を挟んだアパートの間に紐を張って洗濯物を干すのである。

あの要領だろう。

 

 

やはり裏口にドアはなく、中では女の人が何やら忙しそうに家事をしていた。

奥さんだ。

町人風の娘だ。和服に丸髷を結っている。

気がつくと俺も和服だった。

随分と会ってはいないが、ここの主人と俺は旧知の間柄だった。

そしてこの奥さんも知っている人だった。

 

けれども何故か名前が思い出せない。

記憶の中では彼らの輪郭もぼんやりしている。

昔の友人だということは確かなのだが、名前も顔も思い出せない。

ああ、そうか。

思い出してはいけないことなのだ。

とそう思う。

 

亭主の不在中声をかけるのも、なんとなくばつが悪い。

それは相手を思い出せなかったからかもしれない。

声のかけようがないからだ。

 

さて、どうしたものか。

 

 

裏口の隣に別の入り口があることに気づく。洗濯物にまぎれるようにして、そこに何かが張られている。

よく見るとそこにはポケット・ティッシュほどの看板のようなものがある。そこには、太字の活字で、

 

 

 

驚異!!7年に一度の美女!

 

 

 

と、書かれてあった。

 

 

夢の中の俺はひどく興味をそそられている。

そして何か無性に懐かしい。

ここは見世物小屋だ。

 

そうなのだ。ここは見世物小屋も兼ねているのだ。きっと、あの奥さんはそのあがりを生活のたしにするのであろう。

 

きっと7年というところに何か意味があるのにちがいない。

そう考える。

 

 

入ろうか。

そう思う。

 

 

亭主が帰ってくるまでの時間もつぶれるし、客としてなにがしかのお金も払えるので、それは彼女の家計の足しにもなる。いい考えだと思った。

 

 

入り口には綿シーツのような白い布が垂れている。扉のかわりなのだろう。

 

捲り上げ、内に入った。

 

 

  

細い通路がずっと続いていた。

 

 

細く、天井の低い通路だ。

 

 

 

腰をかがめて歩かなければならないだろう。

 

 

 

白い布でできたトンネルだった。

 

 

 

太陽の光に透かされて、明るく暖かい。

 

 

 

しかしその奥は薄暗く、あまりよくは見えない。

 

 

 

 

その先に、見世物舞台のようなものがある。

 

 

 

 

ずいぶん遠い。

 

 

 

舞台の前には四角い箱がある。

四隅には補強の為か、黒い金具の飾りがうってある。

賽銭箱だった。まるで神社である。いや神社なのかもしれなかった。

きっと、見世物小屋とストリップ小屋と神社が一体化した、ここはそういう住居なのだろう。

俺は入ったところに立ち止まり、屈んだままの態勢で、そうした光景をみている。

 

 

俺は待っていた。

始まりもしないのに近くに行ってしまっては、なんだか急かしているようで、これもばつが悪い。始まったら、客いる場所のほうが暗くなるから、そうしたら移動すればいい。そう思った。

 

しかし、このコンテナを改造した住居に、こんなにも奥行きがあるわけはないから、きっと目の錯覚を利用して、遠近感を狂わせているのであろう。

どういう仕組みになっているのだろう。俺はひどく感心した。

まだ入り口に踏み入れただけだというのに、もうそこは異世界なのだった。

そうか、もう見世物は始まっているのだ。こうした効果も見世物のうちなのだ。

これは勉強になるなあ、などと思う。

 

そこへ友人の日野君が一瞬現れた。紺の背広を着ている。

「トータル・コストで考えております」

彼はそういって消えた。

 

うん。俺は深く納得した。夢の中では何事にも驚かない。

 

 

何やら奥で人が動く気配がある。

いよいよ始まるのだろうか……。

 

 

ふと見ると、入り口のシーツの隣に干してあった白いタオルが少し汚れていた。

 

この家の飼い犬が出入りするから、その度に汚れるのだ。泥か何かなのか、こすったようなかすれた跡だ。薄い茶色の汚れがついている。犬の糞かもしれなかった。犬臭いような気がしたが、夢の中で嗅覚はないので何も匂わない。

しかも、そのタオルは風に揺らめいているので、今にも顔に当たりそうだ。

俺は不愉快だった。

 

しかし犬には何の罪はない。そう思って我慢することにした。

 

そのタオルのそばにはラベルが釣り下がっていた。細い針金で縛りつけてあった。手にとって見ると何やら注意書きがしたためられている。それはここを出入りする犬宛てに書かれたものであることが分かった。

 

なるほど

犬宛ての注意書きがちゃんとある。

 

 

なかなかしっかりしているな。

そう思った。

 

しかしそれは客に向けたものではないので俺には関係がない。俺は犬ではないからだ。

再び奥に目をこらす。まだ始まらないか?

 

 

 

 

 

俺は待っている。ひどく窮屈な姿勢だ。

 

足が痛くなってくる。

 

 

 

 

 

……7年に一度の美女は、まだ現れない。

 

 

 

 

 

 

【解説】

 

とても納得した夢だった。

不条理で、つじつまの合わないことだらけなのだが、何故かそのすべてにいちいち納得するのであった。ふんふん。なるほど。ほう。……などと、何を見てもやたらと納得していた。

 

その割にはちっとも分からない夢である。

解説の仕様がない。

 

白いトンネルの奥にある見世物小屋兼神社兼住居はやはり胎内回帰願望か。

いや。ありきたりの解説を装っても始まらない。

やめよう。

 

純白の洗濯物がはたはたとひらめいているのがすごく印象深かった。

これを書いているいまでも心の中で、はたはたと、ひらめいているみたいだ。

日野君は某複写機メーカーで営業をしている。

7年に一度の美女とは一体なんだろう。

 

できればみて見たいものである。

comments: 0 »