錠剤

4月 8, 2005 under ダイエット

この前注文したサプリメントが先日届いた。
sapuri.jpg
ブルーベリー以外はみな錠剤タイプにした。
カプセルの原料となるゼラチン質は安全だとは思うが、一応BSEが気になるからだ。
L-カルニチンは一日分(8粒)に1000mgも配合されている。
ダイエットに効果があると言われるのは300mgほどだ。
少し多すぎる気がするので、3~4粒ほどを摂取している。
その他、アルファリポ酸+コエンザイムQ10をウォーキング前と就寝前に摂っている。
朝にはアレルケアとブルーベリーエキスを。
効果のほどは、二週間ほど後にレポートしよう。

値頃

4月 4, 2005 under ダイエット

某教授の下原稿をやった。
英文の事典項目である。
3000wordsだ。
お世話になっているのでムゲに断れない。
締め切りを一年ほど過ぎている原稿らしく、かなり切羽詰ってもいる。
まあ、自分の勉強にもなるのでよしとしよう。
ただし、これ以後は自分の原稿に集中しなければならない。
GW明けを締め切りに二本書かなければならない。
というか本当は3月末日が締め切りだったのだが。

Click here to read more.. »

回数

2月 26, 2005 under ダイエット

3ヶ月ほど前からカロリー制限を試みている。
絶食などのダイエットは身体を傷つけるだけで結局は続かない。
特に無理なダイエットはそうである。
よくTVでさまざまなダイエットが紹介され、その効果を強調するのに「二週間試してもらいました」というパターンがある。
人間の生理的な特性からいって、何もしていない状態から、ダイエットを始めると、もっとも劇的な変化があるのが二週間であるからだ。
だが、本当はそれ以降が問題なのである。

Click here to read more.. »

効果

1月 25, 2005 under ダイエット

オレ流でしょ?!!
今日のNHK7時のニュース。
冒頭で、女帝を認めるかどうかに関する皇室典範の見直しについて行われた「有識者懇談会」という文字がバーン、と出ていた。
が、それはよく観ると「有職者」となっていた。
・・・・。
おいおいおい。
有職故実か(笑)。
しかし、受信料収入で年間650億もかけながら、いきなりトップで誤変換はないだろう・・・。
それともオレの見間違いで、あるいは有職の方が正しいのだろうか。

今日は少しダイエット日記らしい話題を。
まず数値を見てくれ。
今日の体重    65.6kg。
今日の体脂肪率  23%
これがつい2カ月前の2004年11月15日の数値はどうだったかというと、
体重   69.0kg
体脂肪率 29%
だったのでアル。
すげーー!!
結構、順調ぢゃんっ!!
続けていることといえば、階段生活と、一食だけダイエットである。
あとは普通に食べている。
酒も、ほとんど毎日飲んでいる。
朝食は現在はレトルトのお粥にしている。
スーパーなどで売っている発芽玄米のお粥で、100kcalぐらいである。
値段は120円ほど。
発芽玄米はギャバとかも豊富らしいのでケンコーにもいいらしい。
炊飯器に「おかゆ」という設定があるなら発芽玄米を買ってきてお粥を作ることも可能だ。
設定がない場合には、水の量を通常の3倍ほどにするとできるらしい。
朝食時に出来上がるようタイマーを使う。
天日塩を少量いれると味もいい。
まあ、設定がない場合は、水や塩の量を試行錯誤する必要があるかもしれない。
あと続けているのは、先日も書いたように緑茶をたくさん飲むことであろう。
これだけでも結構減るものである。
おそらく、1日1500kcal以内に収まっているからであろう。
今は減量期に設定しているから、カロリー制限をして絞っている。
この後、筋肉トレーニングをして、筋肉をつけ、基礎代謝量をあげて太りにくい体質を作ることが目的である。
階段生活などについては先ほどの11月の日記を読んでいただきたい。
今後の展開にも、乞うご期待、である。

広告

11月 23, 2004 under ダイエット

ちわっす。
オレが直接かかわっているわけではないが、一度見ておくれ。
イラク意見広告
一口2千円かららしい。
奈良女児誘拐殺人の犯人はなんとか捕まえてほしいものだ。
歯を抜いたり、親宛に写メを送ったりしている快楽殺人者である。
記事はこちら。
幼児ポルノは唾棄すべき犯罪であり、厳しく罰するべきである。
アンドリュー・ヴァックス風にいえば「人類の未来を奪う悪」である。
今日の体重   67.4kg
今日の体脂肪率   25%
体脂肪率が減っているのは風呂上りだからか?
届いたカロリー制限食を一日一食は実践している。
おススメは
ダイエット宣言 かんてん麺・玄米雑炊7食セット
である。
ケンコーコムというサイトが気に入ったので提携したからHPからリンクしている。
ここで買ったのは簡易包装ヴァージョンなので個別商品よりも少し安くなっている。
他の商品のようにレトルトではなく乾燥させてある。
お湯を注いで二分という手軽さもよい。
味・ヴォリュームとも、かなり満足である。
とくに乾燥かんてん麺をつかったものは、これでわずか40数kcalとは思えない満足感がアル。
今日のいいセリフ。
「猫が獲物を捕ったりするところを見て、残酷だなどという人がいるが、猫の方から言えば別に猫として生活をしているだけで、どうということはない。」
河合隼雄『猫だましい』(新潮文庫)。
ユング派精神分析の日本における草分けの一人である。
彼の、猫を中心としたさまざまな文学作品の紹介と分析を中心とした本である。
まだ読んでいない作品も多い。
猫の出てくる本のブック・ガイドとして使える。
明日はまた仕事だ。

数値

11月 15, 2004 under ダイエット

カレーパンを買おうかと思って成分表のカロリー表示を見てびっくりした。
385kcalもあったのである。
たかだかカレーパン一個でである。
————-
久しぶりにダイエット日記らしい書き出しである。
なぜ、こんな書き出しかというと・・・・・
ヤバい!!
なにがヤバいかというと、数値がヤバいのである。
先日の健康診断の結果はまだであるが、今日、ひさーーしぶりにのった体重計の計測結果がヤバイのでアール。
体重   69.0kg。
体脂肪率 29%。
・・・・。
こ、こりはまた脂肪肝のパターンである。
このオレの長いダイエット経験(笑)から、生活にプラスアルファする運動は長続きしない、ということがわかった。
忙しくなってしまうと、運動は出来なくなる。
で、忙しいのがずっと続いてしまうと、運動もずっと出来ないことになるのである。
運動は生活にプラスアルファするのではなく、生活の中に取り入れるべきなのである。
生活に取り入れるとはどういうことであろうか?
梶原イッキや車田マサミであれば、ここで大リーグボール養成ギブスやパワーリストにパワーアンクルが登場することになるのであろうが、それは目指している世界が違う。
おまけに車で出勤しているためドア・ツー・ドアでほとんど歩かない。
家にいる時には読んだり書いたりしているため、これもPCの前に座りっぱなしだったり、横になっていたりである。
ちなみにPCの前で横になっている場合は、トラック・ボールの握りマウスを使う。
いや、そんなことはどうでもいい。
で、とりあえず、の結論として、
階段を使わない。
という実践目標を立てた。
大学や研究所はすべてビルなので、エレベーターを使わないことは結構運動になるはずである。
これで最低限の運動量を生活に組み入れたとして、次にやるべきなのは、
カロリー管理である。
これもいちいちカロリー計算をするのは面倒で、長続きしないので、一食だけ行う。
この一食を、80kcalにする。
どうやってするのかというと、これはカロリー計算された食品にたよる。
で、早速、帰宅途中で購入してきたのが次のものである。
グリコのバランスオン
ブルボンの天然酵母のクラッカー
の二種である。
これらのクラッカーは小袋に小分けされており、一袋で80kcalに制限されているのである。
80kcalというのはダイエットに便利な単位らしく、ご飯にすると茶碗半分、6枚切りの食パン一枚の半分に相当する、らしい。
以前、医者に計算してもらったカロリー計算ではオレに必要なのは一日1500kcalだったから、仮に、朝食を80kcalにすると1420kcalを他の二食や間食でとることが出来る。
ふた袋食べたとしても160kcalという超低カロリー食である。
実際には一袋に豆乳やヨーグルトと一緒に食べる。
クッキー        80kcal
紀文の調整豆乳    118kcal
ヤクルト ソフールLT  45kcal
計    243kcal
カレーパン一個よりも低カロリーである。
つうことで、今日は早速エレベーターを使わずに過ごした。
明日からは一食ダイエットも始める。
最近の医学情報によると、目標は成長期の終わったことの体重だから、20代半ばぐらいの体重である。
すると53、4キロとかである。
うーん。
こうご期待。
いや、原稿からの逃避つうことは分かってる。

診断

11月 13, 2004 under ダイエット

最新の抗老化医学によれば、カロリー制限は老化スピードを押さえ、寿命を延ばすらしいゾ。
———
町の健康診断を受けてきた。
この町は無料で受けられるので家族で行ってきた(笑)。
本来は40歳以上が無料で、オレは(かろうじて)該当しないのであるが、あまりうるさいことは言わないので大丈夫だ。
血圧や心電図、検尿など、すぐに結果が出るものは大丈夫だったが、血液検査やレントゲンは結果が出るまで時間がかかるのでちょっと気がかり。
ちゅーせーしぼー、とか高そうで怖い。
まあ、結果は郵送されたらまた報告しよう。
——-
明日、明後日ぐらいに締め切りとなっている原稿をやらねばならないのでアール。
んが、
ここ数日、何をやっていたかといえば、どのポイント・プログラムが一番良いのか、交換レートなどを調べまくっていた。
その他、アフィリエイトやアソシエイト・プログラムなども調べ尽くした。
さらに航空会社のマイレージ・プログラムも国内・国際あわせて調べまくっていたのでアール。
来年はまた海外にも何回か行かなければならない。
おかげで、ポイントとかマイレージとかものすごく詳しくなってしまった。
キャンペーンもいろいろある。
JALのマイルもたまっていて、おまけに今年いっぱいで無効になってしまうのもあるので近いうちに使ってしまおうと思う。
さて、どこへ行こうかのう?
つうか、今日中に、少なくとも原稿の構成ぐらいはやらなくては・・・・。

状況

11月 7, 2004 under ダイエット

床屋行ってきた。
もちろん徒歩である。
——
チケットをもらったので『草の乱』を観て来た。
秩父事件を主題とした最近では珍しい映画だ。
事件そのものについては、日本民衆史に片足をつっこんでしまった人間としてかなり詳しいので、史実や歴史解釈の点ではたくさんの文句はあるが、それはここでは書かない。
要は、映画として出来はどうだったか、という点が問題なのであるが、これがちっとも面白くない。
テーマは重要であるし、時期的にもタイムリーなのだが、映画としての必然性や工夫がほとんどないと言ってもいい。
脚本も新味がまったくないし、映画自体の終わらせ方も、これでいいのか?という疑問が残る。
秩父事件は単なる「暴徒」ではない、つうことがテーマの一つなのだが、そしてそんなせりふも出てくるのであるが、それが「映像として」あるいは「エピソード」として表現されておらず、映画を見る限りでは、最終的に、鎮圧されてしまった暴動としか描かれていない。
脚本上の面白さもほとんどない。
人物の描き方があまりにもおざなり、つうか典型的な描き方でしかない。
苦しむ民衆を武力で鎮圧すべきだと主張し、日本の近代化のためには農民の犠牲など意に介さない政治家たち(というか薩長政権の指導者たち)がでてくるが、山県有朋など、「ぬわっはっはっはっは」とか笑っちゃうほどである。
おいおい、最近では、水戸黄門でさえ、悪人をもっとリアルに描くぜ・・・・。
と、そう思わざるをえないのでアル。
テーマが、現在の日本の政治状況にとってあまりにも重大であるだけに、このおざなりさは、かえすがえすももったいないことである。
——-
政治状況といえば、自民党の内部でも小泉首相への批判がある。
昨日、共同通信では自民党有力者たちが小泉のやり方を「独裁的と批判」と配信した。
通信社からの配信を受けて新聞社をはじめとする各メディアがそれぞれ放送・配信する。
その過程で、メディアは彼らなりの編集というか、語句やニュアンスを変えて使う。
NHKでは「独善的と批判」に変えられていた。
「派兵」を「派遣」といったり、「下請け」を「アウトソーシング」といったり、こういった小ざかしい言葉遊びは官僚社会日本では珍しいことではない。
つうか、日本に限ったことでもない。
——
うーーん。
原稿がまたたまりつつある。
南の島へでも行きたい。