問題ないわけない

8月 12, 2010 under 時事・社会

もちろん母親を弁護するわけではないが、こうした悲劇を繰り返さないためには、個人を非難しているだけでは駄目だ。
社会の構造的な問題やお役所仕事の問題、大事な部署に人も金も足りない現状がそのままとなっている行政の問題をしっかり考えなくてはならない。
まさか仕分け対象ではあるまいな。
学校のいじめ隠しが校長や教育委員会の保身に原因があるように、児相にも福祉にも責任者の保身がみえみえだ。
現場担当者も管理責任者も、いずれも職務に対して情熱や執着を持つべきだ。

大阪2児遺棄…名古屋で昨夏、長女を保護
8月11日23時10分配信 読売新聞
 大阪市西区のマンションで幼い姉弟2人が放置され死亡した事件で、殺人容疑で再逮捕された母親の元風俗店従業員・下村早苗容疑者(23)の長女桜子ちゃん(3)が昨年8月、当時自宅のあった名古屋市内のマンションで愛知県警中署に保護され、同署が同市中央児童相談所に保護するよう通告していたことが分かった。
 児相職員は下村容疑者宅を訪問するなどしたが、面会できず、同月末に調査を打ち切っていた。
 下村容疑者は同年5月に離婚した後、同市内の託児所に子供を預けてキャバクラで働き始め、今年1月からは大阪市の風俗店で働いていた。
 同署と児相によると、昨年8月2日午後10時頃、マンションの住民から「廊下で子供が泣いている」と同署に通報があり、駆けつけた署員が桜子ちゃんを保護した。虐待の痕跡は見当たらなかったが、同署に引き取りに来た下村容疑者が「深夜にキャバクラで働いている」と話したことなどから、同署は「育児放棄(ネグレクト)に発展する可能性がある」として、桜子ちゃんを保護するよう児相に文書で伝えた。
 児相が同月12日、下村容疑者に電話をかけると、下村容疑者は「生活には困っていない。折り返し電話する」と答えたが、その後連絡はなかった。児相職員は下村容疑者に計6回電話をかけ、マンションも2回訪問したが、応答はなく、調査を打ち切った。
 同児相を管轄する市児童福祉センターの竹内敏生主幹は「郵便受けには郵便物などがたまっており、本当に住んでいるのか確認できなかった」と説明。「緊急性のあるケースとは考えられず、対応には問題なかった」としている。 .最終更新:8月11日23時10分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100811-00001068-yom-soci

comments: 1 »

One Response to "問題ないわけない"

  • 怒士 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/534.3 (KHTML, like Gecko) Chrome/6.0.472.33 Safari/534.3
    同感です。
    http://sexual.g.hatena.ne.jp/cantake/20100802
    に児童相談所の釈明が記載されており、「強制立ち入りについては、親子が特定されない状況では、憲法上難しいという。」等と結ばれています。
    しかし、昨年8月の警察署の文書と結びつけて考えれば、親子は特定できたはずです。
    児童相談所の連中は、自分達が虐待児を守る最後の砦なのだという使命感や情熱を持たず、ただ形式的に職務を行っているとしか思えません。
    このような無気力な組織に、増加しつつある虐待児の保護を任せてよいのでしょうか。
    今回のようなケースで強制立ち入りを容易にするよう法整備することはもちろん必要ですが、旧社会保険事務所のようにずさんで無気力な仕事しかできない児童相談所の意識改革ができるようなトップに変更することも必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.