南山宗教文化研究所 第14回国際シンポジウム「救援・復興・宗教――危機的状況下における人道援助とこころのケア」

2月 25, 2009 under 調査・研究

お声をかけていただいたので、週末は名古屋で国際シンポジウムに参加します。

南山宗教文化研究所 第14回国際シンポジウム「救援・復興・宗教――危機的状況下における人道援助とこころのケア」
2009年2月27日(金)・28日(土)
場所:南山大学 南山宗教文化研究所
(名古屋市昭和区山里町18)
日程
・2月27日(金)13:00-18:15 第1セッション~第3セッション
・2月28日(土)9:30-17:30 第4セッション~第6セッション、総合討論
報告者
Khapta Akhmedova(ロシア、ロシア国立チェチェン大学教授、心理学)
Ziad Fahed(レバノン、ノートルダム大学助教授、神学)
Douglas Fry(フィンランド、オーブー・アカデミー大学教授、人類学・平和研究)
稲場圭信(日本、神戸大学大学院准教授、宗教社会学)
Maja Muhik(マケドニア、南東ヨーロッパ大学(テトボ)講師、人類学)
Catherine Wessinger(アメリカ合衆国、ロヨラ大学(ニューオーリンズ)教授、宗教学)
※使用言語は英語(通訳はありません)。
参加費は無料です。
参加を希望される方は、2月20日までに下記にご連絡ください。
問い合わせ先:南山宗教文化研究所
〒466-8673 愛知県名古屋市昭和区山里町18 南山大学名古屋キャンパス内
TEL:052-832-3111(内線3452) Fax:052-833-6157
詳細と連絡先のE-mailは、以下をご覧ください。
URL http://www.nanzan-u.ac.jp/SHUBUNKEN/activities/Notices/notices.htm

comments: 0 »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.