『RISING』

11月 19, 2008 under 音楽

風邪をひいたらしく週末から体調が悪く、薬を飲んでひたすら寝ていた。
講義を楽しみにしてくれている学生諸氏には申し訳なかった。
鼻が詰まり、のどが痛く、微熱が続いた。
薬を飲んでひたすら回復を待っていた。
それまでの二週間が少々ハードだったので、その疲れもたまっていたのだろう。
執筆などの仕事ができる状態ではなかったので、久しぶりに一人で音楽を聴いていた。
敬愛するブルース・スプリングスティーンの新譜が来春1月にも発売されるらしい
そこで、復習の意味も込めて(笑)、今、『RISING』以降のアルバムをずっと聴いている。
『RISING』『DEVILS & DUST』『We Shall Over Come』『 Live in Dublin』『MAGIC』と、携帯音楽プレーヤーに取り込み、ずっと聴いている。

『RISING』は、とても静謐な感じのするアルバムだ。
ロックのアルバムに静謐というのは形容矛盾かもしれないが、それが率直な感想であり、おそらく本質を突いていると思う。
このアルバムは2002年にリリースされたものだ。
9・11の直後のアルバムだ。
現代の詩人である彼が、あの事件の直後からのアメリカ、特にニューヨークを見つめ続けたアルバムだ。
事件の衝撃、英雄的な活動をした消防士たち、憎しみの巻き起こるアメリカ、喪われた者たちの追悼、そして、立ち上がろうと心ある人々に呼びかける励ましの歌でもある。
彼は民主党の支持者としても有名だ。
オバマ候補の応援ライブの模様なども、日本のメディアでも一部取り上げられていた。
イラクやアフガンもまだ終わってはいないが、スプリングスティーンが呼びかけ、オバマが政治的メッセージに高めた「変化」は着実に人の心をとらえたのだろう。
『RISING』には祈りのメッセージのようなリフレインが多用されている。
かつて宗教社会学者のロバート・ベラーが指摘した、単なる支配イデオロギーではなく、アメリカの理想からかけ離れた時には、国家や権力の批判の基軸となるような「市民宗教」の存在を信じたくなるようなアルバムだ。
ともあれ、日頃は何かと忙しく、ゆっくりと音楽だけを聴くという機会はめったにないので、2001年以降を総決算するつもりで、ゆっくりと音楽に身体を浸している。

comments: 0 »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.