持論?

9月 27, 2008 under 時事・社会

自民党のイメージを上げ、支持率を上げたところで解散・選挙を有利に運ぼうとした首相辞任、新首相選出、新内閣組閣だったハズが、これではすっかり逆効果になりそうな情勢だ。
言葉狩りとか、そういう問題ではなく、思想の自由や、公人としての見識を著しく欠く発言を繰り返している。
これでは与党はボロ負けしちゃうのではないかと思う。
本人は辞職すればいいのかもしれないが、野党をはじめ人権派にとっては格好の攻撃材料となるであろう。
むしろ利敵行為に等しいのではないだろうか。
一体、どういうつもりなのか?
本人は南京大虐殺の否定派だという。
それにしても、人権思想を含めて、近代政治思想や近現代史などの教育が必要なのが大臣であるというのはあまりにも荒涼とした現代日本の政治風景だ。

<中山国交相>「がんは日教組、解体しなければ」宮崎で発言
9月27日20時23分配信 毎日新聞
 中山成彬国土交通相は27日、宮崎市で開かれた自民党宮崎県連の会合などで「日本の教育のがんは日教組(日本教職員組合)だ。日教組は民主党の最大の支持母体で解体しなければいけない」と改めて日教組を批判した。「日教組が強いところは学力が低い」など中山氏の一連の問題発言を受け、与党内では中山氏の更迭論が強まっている。中山氏は県連の会合で日教組以外の発言については謝罪したが、記者団に「(日教組批判は)撤回しない」と強調した。
 中山氏は、宮崎市内や東京都内で記者団に対し、自らの進退について「国会審議に影響が出るならば、地位にきゅうきゅうとはしない。教育改革、地方に必要な道路づくりはやりたいが、『絶対に辞めない』としがみつくつもりもない。推移を見守りたい」と表明。そのうえで「出処進退は自分で決める。今晩、家に帰って妻(中山恭子首相補佐官)に相談する」と述べた。
 一連の問題発言については「失言というか舌足らずというか、言葉狩りに遭わないように気をつけないといけない」と語った。
 中山氏が再び日教組批判を展開したことを受け、与党内では辞任論がいっそう強まった。自民党幹部は「確信犯。辞任を覚悟して言っているのだろう。辞めるしかない」と語った。公明党幹部は「中山氏の持論だろうが、何ということを言うのか。ここまで言ってしまっては持たなくなる」と指摘した。
 麻生太郎首相は重要視する08年度補正予算案への野党の対応を見極め、10月上旬に衆院解散に打って出る方向で調整している。しかし、内閣支持率が45%と政権発足直後としては伸び悩んでおり、中山氏が辞任すれば衆院選への悪影響は避けられない。政府高官は「首相にとって中山氏更迭は難しい判断だ」と述べた。【犬飼直幸、中尾祐児】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080927-00000091-mai-pol

comments: 0 »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.