國學院大學研究開発推進センター第17回「慰霊と追悼研究会」

6月 29, 2008 under 調査・研究

研究会に参加してきた。

國學院大學研究開発推進センター第17回「慰霊と追悼研究会」
日時:2008年6月27日(金)18:00~20:00
場所:國學院大學渋谷キャンパス
学術メディアセンター(AMC)5階 会議室06
題目
阪本是丸氏(國學院大學教授、國學院大學研究開発推進センター長)
「慰霊か、顕彰か」

ご報告それ自体も興味深かったが、質疑応答や議論において、氏の学問的なお立場が鮮明にとなった。
会場には池上良正氏(駒沢大)村上興匡氏(大正大)もいらしていた。
政権の交代やメディアの注目度などに左右されることなく、このような研究会によって、学問的営為を地道に続けてゆくことは非常に重要であると考える。
これからも引き続き出席していこう。

comments: 0 »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.