「複数の教諭、いじめ認識」 大津自殺の第三者委報告書

1月 30, 2013 under 時事・社会

朝日新聞デジタル 1月30日(水)7時13分配信

 大津市で2011年10月、いじめを受けていた市立中学2年の男子生徒(当時13)が自殺した問題で、市が設置した第三者調査委員会は29日までに、担任ら複数の教諭が生徒の自殺前にいじめを認識していたとする報告書をまとめたことが関係者への取材でわかった。適切な対応を取れば自殺を防げたと指摘している。第三者委は31日午後、報告書を越直美市長に提出する。

 男子生徒が受けたいじめをめぐっては、市教委はこれまで「自殺前には認識できなかった」との説明を繰り返してきた。

 一方、第三者委が複数の生徒や教諭から独自に聞き取りをしたり、市教委や学校の記録を調べたりしたところ、9月下旬、担任は、帰りの会で女子生徒が「あれ、いじめちゃうん」と言うのを聞いていた。10月3日には、殴られてけがをした男子生徒が保健室に来た。この際、養護教諭の報告を受けた担任は「とうとうやりましたか」と発言したという。
.
朝日新聞社
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130130-00000010-asahi-soci

comments: 0 »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.