国民の責務?

11月 28, 2005 under 時事・社会

『朝日新聞』によれば、
太田昭宏幹事長代行が自民の新憲法案について平和主義を否定している点を批判した。
また同案が国民の責務について触れている点にも批判した。
そもそも憲法は国民の責務などをきめるものではなく、そもそも無制限な国家権力(あるいは国王の権力)を、制限するためのものである。
詳しくは以下のサイトを。
公明幹事長代行、自民の改憲案を批判
太田氏の発言はこれまで平和政党をうたってきたことや、また支持母体の価値観ともおそらく一致するだろう。
氏の主張が党内の少数派でないことを祈りたい。
以下のサイトからは意見を送信することが出来る。
太田氏のHP。
公明党のHP。

comments: 0 »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.