島薗進『宗教ってなんだろう?』平凡社、2017年。

3月 18, 2017 under 読書


島薗進著『宗教ってなんだろう?』平凡社、2017年。
ご本人から直接頂いた。
対象とする読者層は広い。専門家による入門書は得てして不必要に難解だったりするが、本書にはそのような欠点はない。
斜陽産業である人文学の間口を広げうる良書。売れて欲しい。

comments: 0 »

鈴木正崇『山岳信仰』中公新書、2015年。

3月 18, 2017 under 読書


鈴木正崇著『山岳信仰』中公新書、2015年。
鈴木先生からご恵投頂きました。
言うまでなく、鈴木先生は山岳信仰のみならず、シルクロードやモン族研究でも著名な先生である。

comments: 0 »

岡本亮輔『東京の聖地をと歩く』ちくま新書、2017年。

3月 18, 2017 under 読書

ご恵投頂いた。
ハンディな新書ながら、内容が凝縮された、きわめて充実した内容。
物語空間、東京の解読書。人文社会科学系でこれは必携。

comments: 0 »

川橋 範子・小松 加代子(共編)『宗教とジェンダーのポリティクス: フェミニスト人類学のまなざし』昭和堂、2016年。

2月 6, 2017 under 図書案内, 調査・研究

著者のどなたかにご恵贈いただいた。
(出版社から直接届いたのでどなたにお礼を言えばよいのか?)

版元の紹介ページには目次もあります。

http://www.showado-kyoto.jp/book/b250357.html

comments: 0 »

粟津賢太『記憶と追悼の宗教社会学―戦没者祭祀の成立と変容』北海道大学出版会、2017年。

2月 6, 2017 under 図書案内, 日記, 調査・研究

北海道大学出版会より、拙著が刊行されました。そろそろ書店にも並ぶと思います。学術書なので高いですが、年度末ですので、是非、研究費でご購入下さい。学生や一般の方々は図書館で購入リクエストを。

北海道大学出版会のサイトに拙著の紹介ページには目次も掲載されております。
http://hup.gr.jp/modules/zox/index.php?main_page=product_book_info&products_id=938 …
なかなか印象的なデザインのカバーにして頂きました。
皆様よろしくお願いいたします。

comments: 0 »

「遊戯シリーズ」祭り

3月 3, 2016 under 映画

講談社からリリースされている松田優作DVDマガジン。
前号から「遊戯シリーズ」祭りに入っている(笑)。

そういえば、中学生や高校生の頃、まだ家庭用ビデオ・デッキが普及しておらず、もちろんソフトすらなく、オールナイトの映画館へよく観に行ったものである。
しかもインターネットのない時代。情報誌『ぴあ』で、やっている映画館を探しては行ったのである。
そんな特集の中に、この遊戯シリーズもあった。
懐かしひ。。。

このマガジン・シリーズ、優作の主演作はコンプリートするつもりらしく、けっこう頑張っている。
まあ、ファンはおそらく、すでにほとんどのDVDがすでに持っているのだろうけど。

とりあえず最後まで付き合います。

comments: 0 »

島薗進『いのちを“つくって”もいいですか?―生命科学のジレンマを考える哲学講義』NHK出版、2016年。

3月 3, 2016 under 図書案内, 時事・社会


もう数週間前になるが、お会いした際にご本人から直接頂いた。
これは非常にいい本です。
特に若い女性たちにも読んでいただきたいですね。

comments: 0 »

櫻井義秀・川又俊則(編)『人口減少社会と寺院: ソーシャル・キャピタルの視座から』法藏館、2016年。

3月 3, 2016 under 図書案内, 時事・社会

ご恵贈頂きました。多謝。
こうした、地に足の着いた社会学的な研究はきわめて重要ですね。
編者のひとり川又氏は院生時代からのお付き合いで、精力的に成果を著している。
大学の方も役付きで忙しいにもかかわらず。
その姿勢に頭が下がります。

comments: 0 »