洗浄

5日後。
前日の夜9時以降から食事をとらず、就寝前に緩下剤を飲む。
これは液体で10ccぐらいか。
効き目があるのかどうか分からず、就寝中も、そして翌朝になっても便意はなかった。

もちろん朝食はとらず、大量の下剤の登場だ。
経口腸管洗浄剤というらしい。

点滴バッグのようなプラスティックの袋状の容器に、粉末が入っており、これを約2リットルの水で溶かして飲むのだ。
ポカリスエットなどのスポーツ飲料の粉末のようなものだ。
ちなみに味も似ている。
薬剤名はムーベンだった。
画像はこちら。
http://www.nihon-pharm.co.jp/medical/housou/H200412_01-Muben.pdf

最初はアレルギーや拒絶反応の有無を確認するために15分間でコップ一杯程度を飲んでみる。
異常がなければ、その後は大体、5分にコップ一杯の割合で飲んでゆく。
飲み始めて1時間ぐらいから便意を感じるようになる。

この便意であるが、通常の下痢の時のような腹痛はまったくない。
ただ、便意を感じ、トイレで座ると、特に痛みも何もなく機械的に排泄される。
まさに洗浄といった感じで、2時間ぐらい経つと、腸管が完全に洗浄され、便は薄いレモン色の透明な液体のみとなる。
腹痛はまったくなかった。
ただ、薬剤をミネラルウォーターで溶かして飲んだので、身体が冷えて寒かった。
ぬるま湯とかの方がよかったかも。
(次回へつづく)


You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.
You can leave a response, or create a trackback from your own site.

There are no comments yet, be the first to say something


Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.

Subscribe to RSS feed